クロスバイクとロードバイクの違いって?各車体の特徴とおすすめ6選

取材協力
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん サイクルパラダイス買取
サイクルパラダイスは、自転車の製造・販売・中古・買取までを行っている自転車の専門店。ロードバイク、クロスバイク、ミニベロなど各種スポーツ自転車・ブランド自転車を幅広く取り扱っている。また、自転車の高額買取りと即日出張買取も実施。しかも買取価格保証で安心。もちろん、査定・買取・出張・宅配は完全無料。

クロスバイクとロードバイクは、同じスポーツ車ではありますが、その特徴や性能を比べるだけでも大きく違います。クロスバイクは「街中で乗りやすいこと」を目的としており、ロードバイクは「速く走ること」を目的としています。今回はクロスバイクとロードバイクそれぞれの特徴や違い、おすすめの車体をご紹介します。

目次
クロスバイクとロードバイクの違い
クロスバイクとロードバイク、どっちがいい?
おすすめのクロスバイク
おすすめのロードバイク
クロスバイクとロードバイクを2台所持している人は

クロスバイクとロードバイクの違い

クロスバイクの特徴

クロスバイク
クロスバイクは、一言でいうと「街中で走りやすいことを重視し、メーカーが企画・開発したもの」です。ロードバイクとマウンテンバイクのハイブリットとされることもあり、海外ではハイブリットバイクとも呼ばれています。

また、クロスバイクは競技がないため、車体に明確な定義はありません。フォーマットが自由な分、ロードバイクやクロスバイクと比べて種類が多く、ハンドルはマウンテンバイク、その他はロードバイクのような「フラットバーロード」と呼ばれるものも存在します。

ロードバイクの特徴

ロードバイク
ロードバイクは、大きく分けると「ツーリング」「通勤」「レース」という3つの目的で使用されています。ロードバイクの歴史は長く、それ故にコレクションとして集めて楽しんでいる人も少なくありません。また、ロードレースという公式競技が存在するため、車体内容はそれに準じたものになっており、ロードバイクという一つのフォーマットが定められています。
初心者必見!ロードバイクの選び方とおすすめ5選 - PICUP(ピカップ)
初心者必見!ロードバイクの選び方とおすすめ5選 - PICUP(ピカップ)>>
ツーリングや通勤、所有することそのものを楽しむ人が多いロードバイク。奥が深い分、初心者が始めるには、少しハードルが高いようにも感じます。ここではロードバイクの魅力や選び方、初心者におすすめのロードバイクをご紹介します。

「ポジションの差」による違い

車体性能や中身の違いはもちろんありますが、クロスバイクとロードバイクの一番の大きな違いは、ハンドルの違いによるポジションの差です。クロスバイクは、マウンテンバイクのようなフラットバー(直線タイプのハンドル)であり、それによって上体が立ち、ママチャリ寄りのポジションになります。それに比べてロードバイクの場合は前傾姿勢であり、競輪に近いポジションが基本です。

クロスバイクとロードバイク、どっちがいい?

クロスバイクとロードバイクのどちらにするか迷った際、何を重視するかで大きく変わってきます。クロスバイクは「便利なもの」として生まれており、その汎用性が魅力です。ロードバイクともマウンテンバイクとも違い、色々なものとクロスオーバーができるという利点もあります。普段使いしかしない、という人はクロスバイクがおすすめです。

一方で、性能面やパーツの量や種類、グレードの多さはロードバイクの方が上回ります。レースでの功績による名誉や長い歴史など、バックグラウンドもしっかりしており、メーカーの開発エネルギーの高さもロードバイクならではの良さです。また、プロと同じモデル、同じメーカーのマシンに乗ることができるという夢もあります。
夜の街をロードバイクで走る男性
「走ること」に満足したい人は、ロードバイクというフォーマットでしか満足できないでしょう。クロスバイクをカスタムしてロードバイクに近づけるという方法もありますが、それはクロスバイクではなく、ロードバイクとしての楽しみ方をしていると言えます。それぞれの特性を理解し、より自分の目的に合った方を選びましょう。

おすすめのクロスバイク

FUII ROUBAIX AURA

フラットバーロードタイプのマシンですが、カテゴリーとしてはクロスバイクである「FUII ROUBAIX AURA」。重量もほぼアルミロードと変わらない重量で、ポジション以外の走行感はほぼロードバイクです。ドロップハンドルが辛いという人にはおすすめです。
出典:Amazon
FUII ROUBAIX AURA
89,039円(税込)
2018年9月5日 11:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

MERIDA GRAN SPEED 300-D

メリダのクロスバイクのなかでもフラットバーロードとしているマシン。内容もほとんどロードバイクですが、大きく違うのは、メカにスラムのAPEX1を使っており、MTBでは主流となりつつあるシングルフロントとしているところです。ロードバイクにはまだ少ない仕様も、色々と自由にできるのがクロスバイクの面白いところでもあります。
MERIDA GRAN SPEED 300-D
119,880円(税込)

SPECIALIZED Sirrus Pro Carbon

スペシャライズドの上位クラスのロードバイクと同じテクノロジーが使われています。クロスバイクらしいハンドル形状という違いはありますが、本当に違うのはフレームのジオメトリーです。これによって乗車ポジションが大きく変わります。ハンドルをドロップにしてもロードバイクとは違うということがよくわかる車体です。
SPECIALIZED Sirrus Pro Carbon
297,000円(税込)

クロスバイクについてもっと知りたい方はこちら!

クロスバイクの選び方とおすすめ7選~買う前に抑えておきたい注意点 - PICUP(ピカップ)
クロスバイクの選び方とおすすめ7選~買う前に抑えておきたい注意点 - PICUP(ピカップ)>>
ロードバイクやマウンテンバイクのように競技がなく、明確な車体定義がないクロスバイクは、メーカーのコンセプト次第で作りが変わる自由さが魅力です。通勤・通学など街乗り向きに作られており、普段使いにおすすめです。今回はクロスバイクの選び方やおすすめのクロスバイクをご紹介します。

おすすめのロードバイク

SALSA CYCLES 18 JOURNEYMAN SORA 700

近年普及したグラベルタイプのロードバイクです。レース志向のロードバイクとは遠く離れたコンセプトですが、ベースはやはりロードバイク。クロスオーバーしたロードバイクといった印象を受ける一台です。どちらかというとツーリングや旅目的の方に向いています。
SALSA CYCLES 18 JOURNEYMAN SORA 700
172,584円(税込)

GT GRADE ALLOY COMP

こちらもグラベルロード。近年は、MTBを主体とするメーカーがロードタイプを出すようになってきています。特にアメリカンブランドは、開拓精神なのか、昔からクロスオーバーするコンセプトが多く見られます。GTらしいフレームデザインをいかした剛性のあるロードバイクです。

rockbikes ROCKET

クロスバイクが競技車体を街乗り仕様にしたのと同じく、ロードバイクをストリート仕様にしたようなコンセプトのマシン。クロスバイクよりというよりはピストバイクに近い印象を受けます。ただそれはフレームデザインやジオメトリーといった部分だけで、搭載するパーツやフォーマットは完全にロードバイクのものです。
1番人気
出典:楽天市場

ロードバイクについてもっと知りたい方はこちら!

初心者必見!ロードバイクの選び方とおすすめ5選 - PICUP(ピカップ)
初心者必見!ロードバイクの選び方とおすすめ5選 - PICUP(ピカップ)>>
ツーリングや通勤、所有することそのものを楽しむ人が多いロードバイク。奥が深い分、初心者が始めるには、少しハードルが高いようにも感じます。ここではロードバイクの魅力や選び方、初心者におすすめのロードバイクをご紹介します。

クロスバイクとロードバイクを2台所持している人は

クロスバイクとロードバイクを2台所持している人は、それぞれの特徴に合わせて使い分けると良いでしょう。たとえば、近所へ買い物に行く際や30分以下の通勤・通学時はクロスバイクで十分です。クロスバイクはロードバイクに比べてポジションも楽なため、ちょっとした外出には便利です。普段着のような感覚で使うと良いでしょう。

仲間との長距離ツーリングなど、より高い運動性能を求める場ではロードバイクがおすすめです。通勤・通学時でも2時間程度などある程度距離がある場合は、クロスバイクではなくロードバイクがおすすめです。
並んでいる人々とロードバイク
クロスバイクとロードバイクの一番の違いは、ハンドルによるポジションの差です。クロスバイクのようなフラットバーは、ペダルを漕いでいる時に上体が立ち、ママチャリ寄りのポジションになります。漕ぐことを考えるとロードバイクより楽なポジションであり、ママチャリよりも移動性能が良いため、近場での移動や30分以下の通勤・通学など、普段使いに最適です。

ロードバイクの場合は前傾姿勢が基本であり、競輪に近いポジションです。ロードバイクはロードレースという競技を前提としているため、それに準じた車体内容・フォーマットが定められています。「より速く走れる、より性能の良いものを」と各メーカーがこぞって開発を続けており、年々進化し続けています。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分の目的に合ったものを選ぶと良いでしょう。記事を参考にクロスバイク、ロードバイク双方の特徴や良さを知り、車体選びの参考にしてくださいね。
この記事の
商品一覧
FUII ROUBAIX AURA
89,039円(税込)
MERIDA GRAN SPEED 300-D
119,880円(税込)
SPECIALIZED Sirrus Pro Carbon
297,000円(税込)
SALSA CYCLES 18 JOURNEYMAN SORA 700
172,584円(税込)
GT GRADE ALLOY COMP
91,584円(税込)