ボディグルーマーで体毛を整える!使い方とおすすめ5選

取材協力
ビックロ ビックカメラ新宿東口店 森清さん
ビックロは、「それはそれは、素晴らしいゴチャゴチャ感」をコンセプトに、ビックカメラとユニクロがコラボした世界で唯一の店舗。家電だけでなくおもちゃ、自転車・ゴルフ用品などのスポーツ用品、生毛(うもう)ふとん、くすり、日用品、化粧品、お酒、メガネ、コンタクトレンズなど様々な商品を取り揃えている。また、仮想通貨「ビットコイン」が使えることでも話題。(ビックカメラのみ、ユニクロなど他テナントでは使用できません)

体毛が濃い男性の中には、温泉やプールなどで気になってしまうという方もいらっしゃるでしょう。とはいえ、つるつるになってしまうのも恥ずかしいという方におすすめなのが、男性向けのボディグルーマー。適切な使い方や選び方と、おすすめ商品を紹介します。

目次
ボディグルーマーとは?
ボディグルーマーの使い方
ボディグルーマーの選び方
ボディグルーマーの主要メーカー
フィリップスのボディグルーマー
パナソニックのボディグルーマー

ボディグルーマーとは?

ボディグルーマーとは長さのある体毛をカットして整える器具のことです。同様の器具にシェーバーがありますが、シェーバーは短い毛を肌の表面にできる限り近い位置で剃ってしまう器具のこと。切るのか、剃るのかがボディーグルーマーとシェーバーの大きな違いです。

脛や腕の毛、顎髭のデザインカットに加えて、髪の毛の刈り上げにバリカンの代わりとして使用する場合もあります。
パナソニック ボディトリマー

ボディグルーマーの使い方

まずは仕上がりをイメージし、必要な毛の長さを確認しましょう。ボディグルーマーには複数のアタッチメントがついているので、長さに合うアタッチメントを取り付けます。

希望の長さのアタッチメントがないときや、どのくらいの長さが適切なのかがわからないときには、少し長めのアタッチメントで一度カットし、様子を見て調整していく方法が、切りすぎのリスクを軽減できておすすめです。面倒ですが、切ってしまったものは戻らないので、慎重に進めるべきでしょう。

ボディグルーマーの選び方

お風呂で使える防水タイプが便利!

こまめに手入れしたいけど、トリミングのたびに部屋の掃除がめんどくさい!という方には、防水タイプのボディグルーマーがおすすめです。脚や腕、臀部などボディのトリミングがお風呂で済めば、体についた毛を流すのは簡単、部屋の掃除も必要ありません。

水洗いできる?お手入れ方法も確認を!

フィリップス  ボディグルーマー  BG1024/16
本体を丸ごと水洗いできるものと、本体は水洗いできず、アタッチメントのみ水洗い可能なものがあります。少し価格が高くなる傾向がありますが、本体を丸ごと水洗いできるモデルのほうが手入れの手間はかかりません。

アタッチメントのみ水洗いできるものでは、本体や刃の部分は付属のブラシなどで残った毛を取り除いておきましょう。どの商品も、使用後きちんとお手入れをしておくことで刃の切れ味など機能性を落とさずに長く使えます。商品によって、お手入れ方法に違いがある場合もあるので、説明書をよく確認してくださいね。

コードの有無と連続可能時間をチェック!

給電方式はコンセント式、充電式、乾電池式のいづれかから選ぶことになります。選択のポイントとなるのは、コードの有無。場所を選ばずに使用できるという点で、充電式や乾電池式などのコードレスタイプのほうが使い勝手はいいでしょう。

しかし、充電式のモデルでは1回の充電での稼働時間は40〜50分間のものが多いのが現状です。これ以上継続して使用したい、充電器を持たずに出張に行きたいという方はコンセント式を選ぶと良いでしょう。

ボディグルーマーの主要メーカー

パナソニック ボディトリマー  ER-GK70-K

フィリップス

欧米で人気No.1のブランド フィリップス社。人間の健康向上にテクノロジーで貢献するという理念のとおり、健康家電から理美容用品、調理器具に至るまで幅広いラインナップと外資ならではの斬新な発想が、先進性の高い新商品をリリースしています。

そんなフィリップ社が提供しているボディグルーマーは、本体を丸洗いできるものが多く、国内ブランドの商品よりもタフに扱える印象。スマートなメンズライクのデザインもフィリップ社らしく、男として1台持っていたいと思わせてくれるブランドです。

パナソニック

安心の国内ブランド パナソニック。多岐にわたる製品が世界中で販売されていますが、理美容品も最先端、最高品質を追求していることが商品ラインナップから感じられます。

そんなパナソニックが販売しているボディグルーマーは、「肌に優しい」アプローチを重要視した製品が多くを占めています。日本人ならではの繊細は気遣いと技術が発揮されてますね。敏感肌の方にもパナソニック製品なら安心のグルーマーが見つかるのではないでしょうか。

フィリップスのボディグルーマー

フィリップス ボディグルーマー BG1022/16

0.5mmの長さに整えられるフィリップスのグルーマー。毛が様々な方向に生えている人や処理する毛が多い人は、双方向にトリミングできる3mmコームを使用できます。水洗い可能で、単3アルカリ電池1本で動く、コンパクトなコードレスタイプ。電池1本で最長45分間の使用が可能です。シャワーコードがついており、お風呂に引っ掛けておくこともできます。
フィリップス ボディグルーマー BG1022/16
1,954円(税込)
2018年6月18日 13:46時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

フィリップス ボディーグルーマー BG1024/16

先述の「BG1022/16」の1つ前のモデル。同じく防水でお手入れ簡単、0.5mmの長さにカットできます。こちらも単3電池で持ち運び楽々、最長使用時間は2ヶ月です。電池交換が面倒だと思う方はこちらがおすすめです。
1番人気
フィリップス ボディーグルーマー BG1024/16
1,706円(税込)
2018年6月18日 13:51時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

パナソニックのボディグルーマー

パナソニック ボディトリマー ER-GK70

I字型のボディトリマー。さらにV字に切り込んだヘッドで細かい部分にアプローチしやすくアンダーヘアのお手入れに最適です。3段階に切り替えができる長さ調節と肌をいたわる専用オイルまでついているのは、さすがパナソニックですね。
パナソニック ボディトリマー ER-GK70
9,190円(税込)
2018年6月18日 13:52時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

パナソニック ボディトリマー ER-GK60

こちらも同じくI字タイプのV字ヘッド。先ほどのブラックに比べてこちらはツートーンのデザインで、機能面での違いは2段階の長さ調整が可能な点。

いつも同じ長さしか使わない、という方であればこちらで十分!アタッチメントの長さが自分のスタイルに合っているかどうかしっかり確認して購入しましょう。
パナソニック ボディトリマー ER-GK60
6,264円(税込)
2018年6月18日 13:55時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

パナソニック メンズシェーバー ER-GK40

もっと広い面を一度に処理したい!という方はこちらがおすすめ。全身しっかり剃ることできるボディデザインとシェーバー、トリマーの使い分けができる機能性が魅力。一度トリマーで短くした毛をシェーバーで整えていくというパターンにも対応可能です。ボディのトリミングに使用しつつ、髪や髭のホームケアにも使いたいという方には断然おすすめ!
パナソニック メンズシェーバー ER-GK40
7,538円(税込)
2018年6月18日 13:57時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
しっかりと生えた体毛は男らしくて素敵ですが、「あまりに濃いのもちょっと……」という女性も少なくありません……。グルーマーでボディのメンテナンスをしたり、ヘアスタイルも少し整えたりと露出が多くなる季節の身だしなみにぴったりなアイテムです。
この記事の
商品一覧
フィリップス ボディーグルーマー BG1024/16
1,706円(税込)
この記事の商品一覧
フィリップス ボディーグルーマー BG1024/16
フィリップス ボディーグルーマー BG1024/16
1,706円(税込)