Oculus Riftは簡単設置で本格ゲーム&映像を体験できる!

取材協力
株式会社シータ

Oculus Riftは最先端をいくVRでありながら価格も落ち着き、購入するには今が狙い目。ソフトの数も数百タイトルにのぼり、高い解像度を誇るOculus Riftの魅力を余すことなくご紹介します。

目次
VRを試してみたい!どんな機材がある?
Oculus Riftで何ができる?体験レビュー
Oculus Rift
購入前に要チェック!プレイ環境はどう整える?
事前に知っておきたい上手に遊ぶコツと注意点

VRを試してみたい!どんな機材がある?

VR
今、時代の最先端を行くゲーミングギア「VR(virtual reality)」。つい最近まで日本ではまだまだ黎明期という感じでしたが、海外で急ピッチに進むVRムーブメントに触発され、今年に入ってからにわかにVR人気が活気を帯びてきています。

複雑な機材を必要とするものから、プレステで楽しめるもの、ゴーグル1つで手軽にVRに触れられるものまで、日本でも様々な形でVRの世界に入り込めるようになって来ました。

まだまだ未体験の人が大多数のVR。VRの真髄を味わうために、PICUP編集部は最先端マシン「Oculus Rift」を体験してきました。その実力とVRの素晴らしさをご紹介します。
話題沸騰のVR。人気のマシン3機種+1を徹底解剖!
話題沸騰のVR。人気のマシン3機種+1を徹底解剖!>>
PCがマストのハイエンド機から、PS4さえあれば遊べてしかも低予算で済むPSVRまで、巷の話題を席巻しているVRとは何か?楽しむためにはどうすれば良いのか?人気の3機種でその魅力を紐解いてみました。

Oculus Riftで何ができる?体験レビュー

Oculus Rift
さあ、まずはOculus Rift被って起動してみましょう。暗闇の中に広い空間が広がります。ヘッドマウントディスプレイに付属しているヘッドホンに聴覚も奪われ、あっという間に現実世界では体感することのない異世界に連れ込まれてしまいます。近しい感覚でいえば、テーマパークのアトラクションが思い浮かびますが、その没入感はVRのほうがはるかに上。ふいに不安を感じてしまうほどです。

映画やアトラクションのように動かされるのではなく、自分が見たいものを見て、動きたいように動く感覚は、不思議と高揚感を呼び、繰り返し繰り返し遊びたくなってしまいます。Oculus RiftはPC周辺にセンサーを設置し、動きを感知しながら遊ぶので、VRゲームにぴったりです。

Oculus RiftはPCの目の前、正面にのみセンサーを配置する方式なので、設置に手間がかかりません。こうして楽しめるコンテンツは数百にものぼります。

透明少女

今回は「透明少女」という映像コンテンツを体験しました。何気無い日常の部屋で、触れた瞬間に壊れてしまいそうな美しい少女と過ごす刹那の時・・・。実際に体験した編集部スタッフは「妻には見せられない姿だ」と言いながら悶絶していました。
透明少女
透明少女>>
今回の取材でお世話になった株式会社「シータ」さんが制作している美少女系コンテンツです。何気ない普段の部屋に突然美しい少女と二人きりに。お互いの距離が縮まれば縮まるほど、心拍数が急上昇するSTORY体感型超接写VR映像です。

Oculus Rift

Oculus Rift
「Oculus Rift」とはカリフォルニアはシリコンバレーのオキュラス社が開発・販売するハイスペックVRマシンで、開発にあたりクラウドファンディングで当初目標の25万ドル(約2800万円)を大幅に上回る240万ドル(約2億7千万円)を集めたことでも話題になりました。いかに2012年の開発段階から各方面の注目を浴びていたかが伺えます。

2016年の一般発売開始後もその卓越した技術による直感的な操作と快適性を追求したヘッドセット、そして内蔵されたヘッドフォンの360度空間オーディオが誘う「究極の没入感」に多くのVRファンが虜となっています。

ヘッドセットの性能が抜群!

Oculus Rift
ヘッドセットは、広角視野を重視した設計をしているため広い視野認識が可能で、特に正面映像の美しさは絶品の極み。ゲームでは現実世界を喪失してしまいそうな没入感と、映像作品などではまるで登場人物の呼吸のリズムさえも感じられるリアリティーを味わうことができます。
Oculus Rift

Oculus Riftのスペック

  • 解像度 : 2160×1200(片目辺り 1080×1200)
  • 視野角 : 110
  • パネル方式 : 有機EL
  • リフレッシュレート : 90 Hz
  • コントローラー :Xbox One コントローラー もしくは OculusTouch(別売)

同梱品

  • Rift Headset本体
  • Oculus Sensor
  • Oculus Remote
  • Xbox One コントローラー及びUSBケーブル
  • 取扱説明書3部
出典:Amazon
Oculus Rift オキュラス リフト (Oculus Touch 同梱版) [並行輸入品]
58,000円(税込)
2018年7月10日 17:37時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

X-Boxのコントローラーで操作可能

X-Boxのコントローラー
Oculus Riftのコントロールは、ベーシックセットに同梱されているX-boxのコントローラーで行いますが、別売りのコントローラー「Oculus Touch」を使えば高感度なセンサーによる、より多彩で直感的な操作が可能となります。
Oculus Touch
1番人気
出典:Amazon
Oculus Touch(米国並行輸入品)
15,326円(税込)
2018年7月5日 17:45時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Oculusシリーズ「Oculus Go」とはどうちがう?

オキュラスにはもう一つの魅力的なVRギア、「Oculus Go」というものがあります。
Oculus Go
Oculus Riftとの最も大きな違いは、PCが必要か否かというところにあります。Oculus Riftは、ハイスペックなゲーミングPCを用意しセンサーを設置、ヘッドセットもワイヤーで繋がったままになってしまいます。一方、Oculus Goは完全にスタンドアローン型。全てをヘッドセットのみで行えるのが魅力です。※ただし初回の設定ではスマホが必要です。

ゲームなどもOculus Goのヘッドセット本体にダウンロードしてプレイするので、確かに便利ではありますが、ゲームのクオリティーはやはりOculus Riftのほうが上。映像コンテンツをメインに楽しみたい方におすすめです。価格もOculus Riftの1/3程度で購入できるので、Oculus Goは最も手の届きやすいVRと言えるでしょう。
Oculus Experiences>>
Oculusが運営するOculusで遊べるゲームやエンターテイメントが盛り沢山のサイト。無料で体験できるゲームも多数ダウンロードできます。
2874

購入前に要チェック!プレイ環境はどう整える?

Oculus Riftを楽しむためには、まずゲーミングスペックのPCが必要です。下記にOculus社が推奨しているスペックを明記します。

  • グラフィックカード : NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上
  • 代替可能なグラフィックカード : NVIDIA GTX 970 / AMD Radeon R9 290以上
  • CPU : Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上
  • メモリ : 8GB以上のRAM
  • ビデオ出力 : HDMI 1.3互換ビデオ出力
  • USBポート : USB 3.0ポートx3、USB 2.0ポートx1(お持ちのPCのUSB端子をご確認ください。場合によってはUSBハブが別途必要です)
  • OS : Windows 10

with gaminspec pc
プレイイングスペースに関しては、公式にアナウンスがされていませんが、HTC-VIVEのような広大なスペースを取る必要はなく、パソコンの前にセンサーを設置し、そこから1mに満たないくらい離れたところで充分に遊べたので、少ないスペースでも十分に楽しむことができます。

事前に知っておきたい上手に遊ぶコツと注意点

接続は面倒、出しっぱなしにできると遊びやすい!

doc
VRは部品の点数も多く、接続のための配線も多い機材です。HTC-VIVEに至っては箱を開封した瞬間の部品点数の多さに度肝を抜かれたはずです。

日本の住宅事情を考えると、設置場所によっては毎度片付けが必要になるかもしれませんが、おすすめは出しっ放しにしておくことです。片付けが面倒で押入れに入れっぱなしになってしまっては元も子もありませんからね。

ただし、ホコリは常に払うようにするか、使用しないときは布のシートをかぶせておく方が良いでしょう。ビニール袋やシートは静電気がホコリを吸着しますのでおすすめしません。

VR酔いにも注意

vrdrunkerd
これは人によって意見も様々ですが、VRは視野から入ってくる実際とは異なる空間認識の差異から三半規管が狂って、車酔いや船酔いのような「VR酔い」を起こす場合があります。もちろん、おこさないという人も大勢いますし、逆に普段は車酔いなんか起こさないけどVRだと酔う、という人もいます。

その時の体調によるものもありますが、VRはヘッドセットを装着したまま没入感が長時間に及ぶと酔う可能性がありますので、長時間のご使用を避け、また充分に体調に留意してご使用ください。

みんなでわいわい!よりも一人でもくもく

61253
1人でも2~3人でも楽しめるVR。ヘッドセットを装着しての没入感は、やはり誰にも邪魔されることなく、一人で黙々と楽しみたいものです。

みんなで遊ぼうと購入を考えている方は、テレビゲームとは少し違うという認識をしておくと良いでしょう。

メガネよりもコンタクトレンズの方が便利

Oculus Rift
メガネは、入る人、入らない人、それぞれです。ご覧のようにOculus Riftのヘッドセットのゴーグル部の形状がこのように湾曲しているので、正直メガネは入りづらい形状になっています。メガネの形状や大きさも入らない一因になるかと思いますが、一番無難なのはコンタクトレンズを装用することです。

どんなゲームを楽しめる?

先述の通り、Oculus Riftでは、数百にのぼるゲームを楽しむことができます。また、Oculus社はマイクロソフト社と提携しているため、Oculus Riftでは「X Box One」のゲームを体験できるのも魅力です。
Steam Search>>
3,000本以上のゲームをダウンロードして楽しむことができる今世界で最もホットなVRコンテンツ&ゲームサイトで、中には無料で楽しめるものも多数あります。
VR
VR機器の進化とソフトウェアの充実が華々しい昨今。おそらく今年がVR元年になる人も多いのではないでしょうか。そんな人々の中でもOculus RiftでVR開眼する人、実に見る目が高い!本場米国では世のVRブームの幕開けはOculus Riftから始まったと言われているんですよ!
この記事の
商品一覧
Oculus Rift オキュラス リフト (Oculus Touch 同梱版) [並行輸入品]
58,000円(税込)
Oculus Touch(米国並行輸入品)
15,326円(税込)