予算10万円から20万円内で買えるおすすめベース6選

取材協力
ベース専門店・Geek IN Box代表 嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。

※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません

10万円台で購入できるベースについて、選択肢の多さや保証されたクオリティなどについてのおすすめしたい理由について解説。ヤマハやアイバニーズから5弦ベース、6弦ベースを含めておすすめのモデルを紹介しています。

目次
10万円台のベースがおすすめできる3つの理由
10万円前半台でおすすめしたいベース
15万円台でおすすめしたいベース
10万円台でおすすめしたい5弦ベース

10万円台のベースがおすすめできる3つの理由

Bass Player

エントリークラスの上位モデルがラインナップされている

僕が10万円台のベースを魅力的に思う理由の1つには、初心者の時に買ったベースの上位モデルがある、ということがあります。メーカーは価格別にあらゆるモデルをラインナップしており、当然1万円や3万円のベースの上のモデルも存在します。例えば、5万円のジャズベースと10万円のセミアコベースでは明確にセミアコベースが高品位なものであるとは言えないでしょう。ただし、それが同じメーカーの同じようなベースではいかがでしょう? 同じメーカーの同じプレシジョンベースタイプであれば5万円と10万円では明確にクオリティの違いを感じられると思います。

マイノリティなスペックを持つベースが増え、選択肢が増える

3万円くらいまでの価格帯では、ジャズベースタイプ、プレシジョンベースタイプ、といった最もポピュラーなスタイルのベースやアジア製のものばかりだと思います。しかし、10万円まで価格が広がると選択肢は一気に広がります。これは好きなミュージシャンが使っているベースと同じものが欲しい方や、どうしても日本製のベースが欲しい方にとっては最低限のラインの1つになることがあります。なんにせよ選択肢が広がるのはいいことですね。

最低限のクオリティが備わっている

メーカーが最大限の努力はしているとはいえ、安いベースには人件費がかけられません。つまり出荷時のセッティングもあまり丁寧には行われていないのが残念ながら現実です。これは消費者向けに販売される楽器店においても同様で、得られる利益が少ない安価なベースに対しては楽器屋さんのお兄さんもあまり時間を使ってくれません。しかし、10万円台のベースであればある程度のクオリティをメーカーも楽器店も保証する必要があるために最終的な出荷に最低限の時間をかけてくれます。もちろんベーシックなクオリティやスペックが良質になることも大きな事実です。

10万円前半台でおすすめしたいベース

ヤマハ エレキベース 6弦 TRB1006J NT

あらゆる分野において高品位な製品を開発・販売するヤマハはベースにおいても高い評価を獲得しています。TRBはジョンパティトゥッチをはじめとする世界のトップミュージシャンに愛されるシリーズです。安価な価格である程度使える6弦ベースはほとんどないので、実質的に使えるものを探そうと思った時に一番最初に選択肢に入るのはこのTRB1006などになるでしょう。もしも多弦ベースを次のベースに考えている方は1度試してみてください。
出典:Amazon
ヤマハ エレキベース 6弦 TRB1006J NT
120,960円(税込)
2018年8月9日 13:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Ibanez / SRMS805-DTW アイバニーズ

近年アイバニーズが展開するウッドワークシリーズから発売されているファンドフレットシステムを採用したマルチスケールモデル。アイバニーズのSRは同社の中で最も伝統的なシリーズですが、日々進化を続けています。本機は進化の象徴のようなモデルで、1弦では34インチ、5弦では35.5インチとそれぞれで異なるスケールを採用しています。これにより、太い弦になるにつれて弦長は長くなり、適切なサウンド、適切なテンションが得られます。
出典:Amazon
Ibanez / SRMS805-DTW アイバニーズ
117,450円(税込)
2018年8月9日 13:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

15万円台でおすすめしたいベース

Rickenbacker/Model 4003S Jetglo

リッケンバッカーは世界で最もトラディショナルで歴史のあるギターメーカーの1つです。4003はポールマッカートニーらが愛用した4001の後継機種として発売されたモデルで、デュアルトラスロッド、ハイパワーのピックアップなどが特徴として挙げられます。パワフルで粘りづよく、独特のプッシュ感のあるサウンドは唯一無二。通常20万円台後半で販売される4003が現在の価格で20万円弱。安いです。
出典:Amazon
Rickenbacker/Model 4003S Jetglo
199,800円(税込)
2018年8月9日 13:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Gibson RD Artist Bass 2018/Antique Natural エレキベース (ギブソン)

1970年代の短い期間のみに発売されていたGibson RD Artistベースが2018年に復活。サンダーバードをアレンジしたような独特なボディとパワフルなエレクトロニクスが特徴的でした。2018年版では主にハードウェアとエレクトロニクスの面において現代的なアップデートが行われています。ブリッジはバビッツ製に変更され、エレクトロニクスはアクティブ/パッシブスイッチ、コイルタップスイッチ、フリーケンシーを搭載した3バンドEQをメインにしています。
出典:Amazon
Gibson RD Artist Bass 2018/Antique Natural エレキベース (ギブソン)
193,104円(税込)
2018年8月9日 13:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

10万円台でおすすめしたい5弦ベース

YAMAHA / BB735A MATTE TRANSLUCENT BLACK BROAD BASS ヤマハ

ヤマハBBはヤマハで最も伝統的なモデルの1つで、現代においても様々な面においてアップデートが行われています。本モデルは現行品の5弦ベースで、最新の技術が詰め込まれています。伝統的にパッシブサーキットをメインに採用してきたBBシリーズですが、本モデルはアクティブサーキットを搭載し、よりフレキシブルなサウンドメイクを可能にしています。まるで1ピースボディかのような振動特性を得る3ピースボディやマイター・ボルディング方式による強いネックジョイントなど、あらゆる面において現在のヤマハのベストデザインが施されています。
1番人気
出典:Amazon
YAMAHA / BB735A MATTE TRANSLUCENT BLACK BROAD BASS ヤマハ
101,800円(税込)
2018年8月9日 13:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

EDWARDS EDWARDS/5弦 ベース E-AM-145QM Black-Cherry

ESPの廉価版ブランド、EDWARDSより発売されているモダンジャズベースのスタイルを持つ5弦ベース。セイモアダンカン製ピックアップにフレキシブルなサウンドメイクを可能にする2バンドイコライザーを搭載しています。ボディは独自のディンキーシェイプで、スケールは35インチ。まさに現代的な音楽に対応し、勝ち残るためのモダンベース。フェンダーのようなトラッドなスタイルとは方向性の違う1本ですが、5弦を求めるアグレッシブなスタイルのベーシストには検討する価値のある1本です。
出典:Amazon
EDWARDS EDWARDS/5弦 ベース E-AM-145QM Black-Cherry
129,100円(税込)
2018年8月9日 13:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
1本目のベースに物足りなさを感じ始めた方や、普段はギターを弾いているけどベースも手に入れたいという方にとって、10万円台のベースというのは現実的な選択肢の1つであると言えます。5弦ベースや6弦ベースに挑戦する、いま持っているベースと似たスタイルでさらに高品位なモデルを求める、毛色の違うベースを求める、など多くの選択肢に対応できる価格帯が10万円台という価格帯です。選択肢が非常に多いのであえて変わったものを今回の記事では紹介しましたが、これらはどれもが優れた製品です。もしも近いカテゴリのベースを検討しているのなら、ぜひ紹介したものも試してみてください。
この記事の
商品一覧
ヤマハ エレキベース 6弦 TRB1006J NT
120,960円(税込)
Ibanez / SRMS805-DTW アイバニーズ
117,450円(税込)
Gibson RD Artist Bass 2018/Antique Natural エレキベース (ギブソン)
193,104円(税込)
YAMAHA / BB735A MATTE TRANSLUCENT BLACK BROAD BASS ヤマハ
101,800円(税込)
EDWARDS EDWARDS/5弦 ベース E-AM-145QM Black-Cherry
129,100円(税込)