ベース用オクターバーの使い方とおすすめ5選!

取材協力
ベース専門店・Geek IN Box代表 嵯峨駿介さん

ベース用のエフェクターとして定番のオクターバーについてその概要やピッチシフターとの違い、使い方について解説。定番やおすすめとしてボス、tc electronic、EBSなどからいくつかのプロダクトを紹介しています。

目次
オクターバー・エフェクターとは
オクターバー・エフェクターの使い方
定番のオクターバー・エフェクター
プロが選ぶ!おすすめのオクターバー・エフェクター

オクターバー・エフェクターとは

オクターバーとは、原音を基にして1オクターブ下、2オクターブ下の音を発生させてそれをミックス、もしくは単体で出力するエフェクターです。これによって通常では絶対に得られない重厚なサウンドが得られます。オクターブ違いで複数の音を重ねたサウンドはシンセサイザーで多用されるもので、オクターバーを含めて複数のエフェクターを使い、シンセサウンドを再現する方法も広く普及しています。

ピッチシフターとの違い

同じようにピッチを操作するエフェクター「ピッチシフター」とは動作原理が違います。具体的には入ってきた音のピッチを分析して異なるピッチのサウンドを作るのがピッチシフターで、オクターバーは波形をダイレクトに加工します。そのために、トラッキング性能(反応性)においてはピッチシフターよりもオクターバーの方が優れています。デジタルのオクターバーもありますが、基本的な仕組みは同じく、波形の直接加工です。また、通常ピッチシフターは原音よりも上の音程を作り、オクターバーは下の音程を作ります。

オクターバー・エフェクターの使い方

オクターバーを使う時に最も気をつけなければならないのはピッチが不安定になってしまうこと。特に4弦のローフレットでは下のオクターブの音は低すぎるために具体的な音になりづらいです。もしもそのサウンドを狙っているわけではないのであれば、最低でも4弦の5-7フレットよりも上の音域を使いたいですね。また、オートワウやディストーション、ファズなどを組みわせることでシンセのようなサウンドを作ることもできます。

定番のオクターバー・エフェクター

BOSS SUPER Octave OC-3

ボスのオクターバーは常に多くのギタリスト、ベーシストに支持されてきました。本機はその最新ペダルOC-3です。和音にも対応するポリフォニックモードを搭載していますが、これはオクターバーとしては本当に珍しい機能でした。RANGEを調整することでオクターバーがかかる帯域を調整することが可能で、例えば和音で弾いた時に低音弦だけを下のオクターブ音を鳴らすことができます。また絶品なのがドライブモードで、まるでシンセサイザーのようなサウンドを1台で取り入れることが可能です。これらの他に、OC2をモチーフにしたモードも搭載しています。
出典:Amazon
BOSS SUPER Octave OC-3
11,880円(税込)
2018年9月19日 14:17時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

tc electronic Sub 'N' Up Octaver

現代的なポリフォニックオクターブモード、トラディショナルなモノフォニックオクターブモード、そして外部からコントロールが可能なTone Printモードの3つのモードを搭載。オクターバーとしては少々珍しく、1オクターブ下、2オクターブ下、そして1オクターブ上のサウンドを自在にミックス可能です。わかりやすく明快なインターフェースです。設定次第でオルガンのようなサウンドや、古いR&Bのベースサウンドなど、あらゆるシチュエーションに合わせたサウンドをカバーします。
出典:Amazon
tc electronic Sub 'N' Up Octaver
16,254円(税込)
2018年9月19日 14:20時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

プロが選ぶ!おすすめのオクターバー・エフェクター

EBS OctaBass Studio Edition Triple Mode Octave Divider

ベーシスト向けに多数の高品位なエフェクターを開発、販売しているEBSが手がけたオクターバー。1オクターブ下の音を自在にミックスできるもので、和音であっても一番低い音を取り出してそこの1オクターブ下を出力するので、和音がなった瞬間にトラッキング不可能になるようなエラーはありません。6弦ベースのハイC弦やピッコロベースのような極端に高い音域を使う時にはレンジをハイに設定したり、より低い音にフォーカスする時にはローに設定したり、レンジ感の設定ができるのもとても良いポイントです。
出典:Amazon
EBS OctaBass Studio Edition Triple Mode Octave Divider
20,736円(税込)
2018年9月19日 14:20時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Electro Harmonix Octave Multiplexer

ボスのOC-2はアナログオクターバーの名機として非常に高く評価されていますが、現在は廃盤のために手に入れるのが簡単ではありません。その代用品としておすすめしたいのがこちらのペダル。2バンドのフィルターを駆使することでアンサンブルが窮屈になるほどに濃密なローエンドを演出したり、軽やかにオクターブ下のサウンドを鳴らしたり、アナログとは思えないほどに様々な使い方ができるペダルです。サウンドはアナログらしく図太く、OC-2を探すベーシストには一度試してもらいたいです。
出典:Amazon
Electro Harmonix Octave Multiplexer
9,680円(税込)
2018年9月19日 14:20時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Mooer Tender Octaver Pro

機能としてはシンプルで、1オクターブ下までの音と1オクターブ上までの音をピッチも音量もトーンも自在にコントロールできるペダルです。ピッチは自在に決められるため、例えば5度上や4度下などの設定が可能です。これは今までにはあまり見られなかった面白いポイントですね。また、SMOOTHコントロールは音の立ち上がりを自在にコントロールするつまみでまるでスローギアのような効果を得たり、最速の発音を得たりできます。
1番人気
出典:Amazon
Mooer Tender Octaver Pro
15,184円(税込)
2018年9月19日 14:20時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
オクターバーは大胆な効果が得られる、ベースとしては使いどころが難しいものですが相反するようにその人気は高く、そのサウンドは多くの作品やステージで使われています。バリエーション自体はあまり多いものではありませんが、今回紹介したいくつかのオクターバーを中心にどれもが高品位なモデルです。もしもトラッドなものが欲しければエレクトロハーモニクスのOctave Multiplexerはとてもおすすめで、またシンセサウンドを作り出したりするモダンオクターバーとしてはボスのOC-3、tc electronicの'N' Up Octaverは非常におすすめです。もちろん他のペダルもとても良質なので、機会があったらぜひ試してみてください。どれもおすすめです。
この記事の
商品一覧