TASCAMのリニアPCMレコーダーの評判と現行6機種解説!

取材協力
有限会社フラクタル・デザイン ライター&エンジニア 中村太樹さん

「TASCAMレコーダーのおすすめは?」「そもそもリニアPCMレコーダーってなに?」「初心者でも扱いやすいレコーダーは?」……などさまざまな疑問にお答えします。自分に合ったTASCAMのレコーダーを見つけましょう!

目次
TASCAMのレコーダーの特徴や評価
初心者におすすめなTASCAMレコーダー
現役エンジニアが選ぶ!おすすめのTASCAMレコーダー

TASCAMのレコーダーの特徴や評価

TASCAMのレコーダーの特徴としては、低価格ながらも高い品質ということが挙げられるでしょう。1万円前後のモデルでもハイレゾフォーマット24bit/96kHzに対応しているし、操作性もよく録音をすぐに開始することができます。最近のモデルでは、自動的に入力ゲインを調節してくれるので、初心者でもかなり扱いやすいです。サンプリングレートの変更やファイルフォーマットもメニューから変更することができ、ローカットなどの機能ももちろん備わっています。

また日本語に対応していたり、Wi-Fi接続対応のモデルを使えば手持ちのスマホから、操作を行うことができます。他にも、Wi-Fi接続ができる恩恵は大きく、録った音をすぐに他のアプリへ共有することができるので、わざわざ家に帰った後にパソコンに音源を取り込んで、バンドメンバーへ共有なんてことはしなくても、その場で音源の受け渡しが可能です。

TASCAMのレコーダーはそれぞれ価格が異なり、多少機能や形状に違いがあるので、各モデルの特徴と共におすすめのTASCAMレコーダーを紹介していきます。その前にTASCAMのレコーダーなどの総称である「リニアPCMレコーダー」と呼ばれる機材がどんなものか説明しましょう。

リニアPCMレコーダーとは

リニアPCMレコーダーは、ハンディレコーダーとも呼ばれるコンパクトサイズの録音機器です。

スマホの録音機能と違うところは、ステレオでのレコーディングができること、バンド演奏など大きい音にも対応できること、自然の音を録音するときに川や鳥の鳴き声を繊細にきれいに録音できること……などが挙げられます。重量も軽いものが多いので、カバンに入れてもかさばるものではなく、いい音質で録音できるので、一台持っておきたいところです。

初心者におすすめなTASCAMレコーダー

TASCAM DR-05VER2-JJ

1万円ほどで購入できるのにも関わらず、しっかりとした機材に仕上がっているDR-05。人気機種のDR-05は、現在DR-05VER2-JJというバージョンになっているらしく、全て日本語メニューのみの表示になっているので、英語メニュー表示に対応していない点には注意が必要です。

定番のリニアPCMレコーダーであるDR-05は、24ビット/96kHzのハイレゾフォーマットに対応、また無指向性のマイクが搭載されているので、セッティングに困ることもないです。高耐音圧仕様でもあるので、大きい音でも歪むことなく録音でき、自動で入力ゲインを合わせてくれるので、初心者でもかなり扱いやすいでしょう。

他にも細かい機能はありますが、一番嬉しいところはAC-USBアダプタを使えば、電池駆動でなくバスパワーで動くところでしょう。長時間録音しっぱなしにしていて、電池が切れていた……ということもなくなるので、リハスタでの録音やライブの録音で失敗することがなくなります。
出典:Amazon
TASCAM DR-05VER2-JJ
10,380円(税込)
2018年10月3日 13:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

TASCAM DR-07MK2-JJ

DR-05との大きな差は、指向性のマイクを搭載していることです。また、A-B/X-Y両方式に対応しているので、録音対象によってマイクの位置を可変することができます。

DR-05は無指向性マイク、DR-07は指向性マイクなので、たとえばステージの演奏を録るならDR-07が向いていますし、スタジオで丸くなって演奏するならDR-05が向いているでしょう。両機種ともデモ音源があるので、気に入った方を選ぶといいと思います。
出典:Amazon
TASCAM DR-07MK2-JJ
10,500円(税込)
2018年10月3日 13:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

現役エンジニアが選ぶ!おすすめのTASCAMレコーダー

TASCAM DR-100MK3

業務用リニアPCMレコーダ、DR-100MK3。DR-05やDR-07と比べてもちょっと大きめのサイズ感ですが、一応手のひらに収まる大きさです。

本体にリチウムイオン電池を装備していて、単三電池の両方に対応しているので、電池が切れたときでも自動的にリチウムイオン電池に切り替わってくれます。内蔵メモリはなく、全てSDカードに録音していく形で、フォーマットとしてはWAVの場合、24bitもしくは16bit、サンプリングレートは44.1kHz~192kHz。MP3の場合、128kbps~320kbps。

大きな特徴としては、XLR/TRSの外部マイク入力を2つ装備しているので、+48Vのファンタム電源を供給してコンデンサマイクを使用することが可能なことでしょう。デフォルトの設定ではUNI MICとなっており、一番目立つ円柱型の指向性ステレオマイクとなっているが、OMNI MICに設定すると、それとは別に独立した形で内蔵されている無指向性マイクに切り替わります。さらに、XLR/TRSの入力への切り替えのほか、EXT INからの入力、そしてDIGITAL INというミニ端子からのS/PDIF入力も装備している、まさにオールマイティなレコーダです。
1番人気
出典:Amazon
TASCAM DR-100MK3
39,432円(税込)
2018年10月3日 13:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

TASCAM DR-44WL VER2-J

DR-44WL VER2-Jの特徴はWi-Fiによるフルリモートコントロールができることです。専用のアプリを使って、遠隔操作で録音の開始や停止を操作できるので、遠くにこのレコーダーを置いていてもすぐに録音スタートすることができます。

搭載マイクはX-Y方式単一指向性ステレオコンデンサーマイク、XLR/TRSの外部マイク入力を2つ装備しているので、PAからの2mixをもらって内蔵マイクをアンビエントとして使えば、ライブ感もありつつ鮮明なライブサウンドを録音できます。

録音後は音声ファイルをWi-Fi経由で飛ばし、スマホやパソコンに転送可能で、OS標準のメールアプリやメモアプリ、Dropboxなどに音源を共有することができます。また、MTRモードも搭載しているので、録音した音源は、ミックスダウンまで行え、DR-44WLだけでステレオマスターを制作することができます。
出典:Amazon
TASCAM DR-44WL VER2-J
24,300円(税込)
2018年10月3日 13:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

TASCAM DR-40VER2-J

DR-40は、A-B/X-Y両方式に対応したコンデンサーマイクを搭載したリニアPCMレコーダーです。DR-44WLと同様にXLR/TRSの外部マイク入力を2つ装備しています。

DR-05やDR-07MK2の上位モデルで、本体電池のみで20時間以上の長時間駆動やM-Sステレオマイクの使用を可能にするMSデコード機能を搭載しています。TASCAMレコーダーのミドルレンジにあたる製品だと思います。
出典:Amazon
TASCAM DR-40VER2-J
16,887円(税込)
2018年10月3日 13:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

TASCAM DR-22WL VER2-J

単一指向性のX-Y方式を採用しているWi-Fiによるフルリモートコントロールが可能なリニアPCMレコーダー DR-22WL。誰でも使いやすいユーザーインターフェースを追求したモデルらしく、非常にシンプルな作りをしています。

Wi-Fi経由で操作できるので、DR-44WLと同じ様なことが行えますが、Wi-Fi使用時に電池の消費量が大きく上がるため、ACアダプターで電源を供給するのがおすすめです。
出典:Amazon
TASCAM DR-22WL VER2-J
15,552円(税込)
2018年10月3日 13:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
今回はTASCAMのレコーダーについて紹介しました。各モデルによって多少差があり、Wi-Fi機能は必要か、外部マイク入力はいるのか、シンプルなリニアPCMレコーダーでいいのか……など、用途によって適したモデルが分かれてきます。求める機能別におすすめを挙げるなら以下のようになります。

  • シンプルなレコーダーが欲しい:DR-05 か DR-07
  • MTR機能が欲しい:DR-44WL
  • 192kHzまで録音したい:DR-100MK3

音楽機材EC大手のサウンドハウス様のページに、各モデルの比較が分かりやすくまとめられているため、そちらを参考にしてもよいでしょう。
TASCAMレコーダー 比較表>>
タスカムDRシリーズは、録音再生機のリーディングブランドならではのノウハウを生かした、音楽制作現場に欠かせないツールの1つとして、多くのユーザーから高い信頼を得ています。リーズナブルな価格でハイグレードな品質を実現した、PCMレコーダーの定番シリーズです。こちらの比較表では、DRシリーズの中でも、バンド演奏の録音や、動画用の音声録音に手軽にご使用いただけるハンディタイプを紹介しています。