ヤマハの人気ギター「パシフィカ」の評判とおすすめ5選!

取材協力
ベース専門店・Geek IN Box代表 嵯峨駿介さん

ヤマハの定番ギター、パシフィカ(PACIFICA)について、その概要や特徴、評価の高さについて解説しました。グレードの高さ別に初心者、中級者にオススメしたいモデルを紹介しています。

目次
ヤマハ「PACIFICA」シリーズとは
ヤマハ PACIFICAシリーズの特徴
ヤマハ PACIFICAシリーズの評価
初心者におすすめのヤマハ「PACIFICA」ギター
中級者におすすめのヤマハ「PACIFICA」ギター

ヤマハ「PACIFICA」シリーズとは

伝統的なフェンダーのスタイルをモチーフにして現代のミュージシャンやギターを始めたばかりの初心者が求める要素、また彼らに対しての提案を詰め込んだモダンギターがヤマハ PACIFICAです。元々はアメリカ国内のヤマハグループからの発案で製作が開始されたモデルで、例えばスティーヴィー・サラス、マイケル・リー・ファーキンスなど、海外の著名なギタリストもPACIFICAを使っている姿が確認されています。つまり、国内ではもちろん世界的に展開していたグローバルモデルである、ということですね。

ヤマハ PACIFICAシリーズの特徴

基本的にはギタリスト達が慣れ親しんだボディシェイプやデザインを採用しているために手にとってすぐに馴染み、良好なギタープレイの助けになってくれます。その上で、シェイプには少しのアレンジが入ったり特殊なピックアップが搭載されていたり、さらに高いプレイヤビリティ、ユーティリティを持ち合わせているのが大きな特徴です。ヤマハが製造しているモデルであるために当然ながらサウンドや弾き心地はタイトでレンジが広い、ヤマハらしさを色濃く感じるものになっています。

ヤマハ PACIFICAシリーズの評価

慣れ親しんだトラディショナルな要素と革新的なモダンな要素を組み込んだPACIFICAはそのコンセプトはもちろん実際のプロダクトが洗練されており、非常に高く評価されています。また、ヤマハ製品全般に言えることですが製品レベルが非常に上質で、各価格帯において非常に優れたパフォーマンスを誇ります。コストパフォーマンスが良いという言葉は昨今あらゆる場面において乱用されていますが、PACIFICAのような製品にこそぴったりな言葉だと思います。

初心者におすすめのヤマハ「PACIFICA」ギター

YAMAHA PACIFICA112V BL

ボディにはアルダー、ネックにはメイプル、指板にはローズウッドとトラディショナルなウッドマテリアルを採用した本格モデル。上位モデル譲りのデザインが採用されているために優れたプレイヤビリティを持ちます。出荷時から弦高は非常に低く設定されているために、届いてすぐにそのまま弾いてもプレイヤビリティは上々。最もギターのプレイヤビリティの高さが必要な初心者にとっては最適なモデルでしょう。
出典:Amazon
YAMAHA PACIFICA112V BL
29,376円(税込)
2018年10月3日 16:26時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ヤマハ PACIFICA PAC112VMX YNS

アルダーボディ、メイプルネックというのは前述したモデルと共通ですが、指板にはメイプルが採用され明るくオープンなサウンドが特徴的なモデル。ボディはイエローナチュラルサテンというカラーでフィニッシュされており、全体としては”木”らしさが印象的なルックスです。リアにはハムバッキングピックアップが搭載されており、シングルコイルを3基搭載したストラトキャスターのスタイルよりもフレキシブルなサウンドメイクを可能にしています。
出典:Amazon
ヤマハ PACIFICA PAC112VMX YNS
30,780円(税込)
2018年10月3日 16:26時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ヤマハ PACIFICA PAC212VFM TBL

アルダー材をボディバックに、トップには贅沢なフレイムメイプルを採用した1本。ヘッドのトップにも同様にフレイムメイプルを採用したマッチングヘッドと呼ばれるデザインです。本モデルはエレガントなトランスルーセントブラックカラーでフィニッシュされていますが、ほかにエレガントなキャラメルブラウン、タバコブラウンサンバーストというユニークなカラーも選択可能です。
出典:Amazon
ヤマハ PACIFICA PAC212VFM TBL
36,288円(税込)
2018年10月3日 16:26時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

中級者におすすめのヤマハ「PACIFICA」ギター

YAMAHA PACIFICA PAC611VFM TBL

まず特筆したいのはユニークなピックアップのチョイス。一貫してセイモアダンカン製のモデルが搭載されており、フロントにはP-90スタイルのシングルコイルピックアップであるSP90-1、リアにはハムバッキングピックアップであるSH-5をチョイスしています。通常ボルトオンでフェンダーをモチーフにしたギターには用いられることのないピックアップなので、非常にユニークなポイントだと言えます。ブリッジにはウィルキンソンを採用しており、ハイスペックなモデルです。
出典:Amazon
YAMAHA PACIFICA PAC611VFM TBL
59,832円(税込)
2018年10月3日 16:26時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

YAMAHA PACIFICA PAC612VIIFM IDB

セイモアダンカンピックアップ、グローバーペグ、ウィルキンソンブリッジ、グラフテックナット、フレイムメイプルボディトップと全体に贅沢なパーツ、マテリアルを採用したハイスペックモデル。本モデルはインディゴブルーによってフィニッシュされていますが、ほかにトランスルーセントブラック、ルートビアといったカラーもチョイス可能。どれも落ち着いた大人なカラーなので、ステージでも派手になりすぎずに使いやすいですね。
1番人気
出典:Amazon
YAMAHA PACIFICA PAC612VIIFM IDB
69,768円(税込)
2018年10月3日 16:26時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
日本を代表するギターメーカー ヤマハが手がけたパシフィカは世界中のギタリストに愛され、それらのフィードバックをもって常に革新を続けるシリーズです。エントリークラスからミドルクラスまでラインナップは展開されているので、初心者の方が1本目に選ぶのにはもちろん、2本目のステップアップとして、メインギターのサブとしてもおすすめしたいモデルです。あまり目立つモデルではないかもしれませんが、そのクオリティは確かなもので、もしも今新しいギターを探しているのなら一度は試してほしいですね。
この記事の
商品一覧