YAMAHAの名作ベース「TRB」の評価とおすすめモデル5選

取材協力
ベース専門店・Geek IN Box代表 嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。

※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません

ヤマハの定番ベース、TRBシリーズについてその概要や特徴、評価の高さについて解説。4弦、5弦、6弦、ジョン・パティトゥッチのシグネイチャーモデルを含めておすすめのモデルを紹介しています。

目次
ヤマハ「TRB」シリーズとは
ヤマハ TRBシリーズの特徴
ヤマハ TRBシリーズの評価
おすすめのヤマハ「TRB」ベース

ヤマハ「TRB」シリーズとは

ヤマハは日本におけるエレキギター、エレキベースの黎明期から業界をリードし続ける企業で、彼らの製品は世界的に高く評価されています。特にエレキベースは多くのベーシストを魅了するトッププロダクトですが、その中でBBシリーズと並んで高い人気を誇るのがTRBシリーズです。5弦、6弦といった多弦ベースが現れ始めた頃にその流れを汲んで開発された背景もあり、多弦ベースに対応することを前提とし、5弦はもちろん6弦のスタイルでも製造が行われています。

ヤマハ TRBシリーズの特徴

5弦や6弦ベースのサウンドを余すことなく活かすことができるのがTRBシリーズの特徴です。強い張力に負けない強固なネック、優れたバランスによって高いプレイヤビリティを持ちながらもハイポジションまで容易にアクセスができる洗練されたボディデザイン、フレキシブルなサウンドメイクとパワフルなサウンドを両立するエレクトロニクス、多くの要素は完璧なバランスが取られています。

ヤマハ TRBシリーズの評価

出典:You TubeYamaha John Patitucci TRBJP2
カシオペアやジンサクといったバンドで活躍したベテランプレイヤーの櫻井哲夫さんや、チック・コリア、デイヴ・ウェックル、ウェイン・ショーターといったジャズの巨人たちとのセッションワークを高く評価されている伝説的なジャズベーシスト、ジョン・パティトゥッチなど、多くのプロベーシストがTRBを高く評価しており、彼らの活躍によってTRBシリーズがシビアな音楽の現場で十分に力を発揮できるプロユースなプロダクトであることを証明しています。

エントリークラス向けやシグネイチャーモデルを含めていくつかの価格帯で展開されているTRBですが、そのいずれもがベーシックな部分として同様のデザインを持つため、安価でも高品位なデザインが得られるのがTRBシリーズです。

おすすめのヤマハ「TRB」ベース

YAMAHA TRBX304

TRBを元にしたデザインされたTRBX304はエントリークラスのユーザーに向けてデザインされた1本です。ナット幅は38mm、スケールは約34インチとフェンダージャズベースと共通した特徴を取り入れており、持ち替えたときに大きな違和感を感じることなくヤマハらしい高いプレイヤビリティやパワフルなサウンドを手に入れられます。大型のポールピース、セラミックマグネットを採用したオリジナルデザインのピックアップは非常にユニークです。
出典:Amazon
YAMAHA TRBX304
36,396円(税込)
2018年10月4日 10:18時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

YAMAHA TRB1004J

多弦に対応するマルチなデザインであるTRBですが、4弦であってもそのデザインのメリットは大きく受けられます。強固なウッドマテリアルとパワフルなエレクトロニクスはタイトではっきりとしたサウンドをもたらし、また4弦のネックの細さ、質量の少なさからくるオープンさや明るさは5弦、6弦にはない大きな特徴です。スケールは35インチが採用されているためにダウンチューニング時であっても張りのあるサウンドが得られます。
出典:Amazon
YAMAHA TRB1004J
118,823円(税込)
2018年10月4日 10:18時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

YAMAHA TRB1005J

5弦ベースで問題になりやすいのはローB弦のゆるさですが、本モデルにおいては35インチスケール、メイプルとマホガニーを組み合わせた強固な5ピースネック、メイプルとアルダーを組み合わせたボディによってその点を改善。トランスルーセントブラック、キャメルブラウン、ナチュラル、ブラックと4色から選べるのも大きな魅力。美しいフィギュアドメイプルが透けて見えるカラーは非常にエレガントで美しいものではありますが、透明感のある深いブラックカラーもエレガントです。
1番人気
出典:Amazon
YAMAHA TRB1005J
94,423円(税込)
2018年10月4日 10:18時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

YAMAHA TRB1006J

ヤマハのTRBは多弦ベースに最適なデザインであるということは前述した通りですが、そのメリットを最大限に享受できるのが6弦ではないでしょうか。ジャズの巨人ジョン・パティトゥッチは本モデルをベースにしてシグネイチャーモデルを製作しています。ヤマハらしくタイトで安定感のあるサウンドはアンサンブルの中で確固たるベースサウンドを作り上げ、6弦ベースの広い音域をフルに表現してくれます。
出典:Amazon
YAMAHA TRB1006J
106,498円(税込)
2018年10月4日 10:18時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

YAMAHA TRB-JP2

ジョン・パティトゥッチのシグネイチャーモデル。ボディはアルダー、アッシュ、フィギュアドメイプルを組み合わせた4プライのラミネート材を採用。35インチスケールに26フレットに19mmの弦間ピッチとアメリカ人らしくビッグなデザインですが、その実限りなく広い守備範囲を誇るオールマイティな1本です。
BBシリーズと並んで大変高い人気を誇るTRBシリーズはヤマハを代表するベースとして多くのベーシストに高く評価されています。特にジャズシーンのベーシストの採用率は非常に高く、初めての6弦ベースとしてTRB1006を選ぶ方も少なくありません。多弦ベースは新しいジャンルのものであるために安価で高いクオリティを実現しているモデルはあまり多くはありません。その中でTRBシリーズは高く評価されているシリーズの1つ。もしも初めての多弦ベースを探しているのならTRBは検討するべきです。