もはや定番のEBSベース用エフェクターおすすめ5選!

取材協力
ベース専門店・Geek IN Box代表 嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。

※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません

EBSのベース用エフェクターについてその歴史や評価の高さについて解説しています。MULTICOMPやBASS IQといった既に高い評価を獲得している製品を含めていくつかのおすすめのモデルを紹介しています。

目次
EBSの歴史
EBSのベースエフェクターの評価
おすすめのEBSベースフェクター

EBSの歴史

EBSは1980年代の後半にベーシストのための製品を専門的に開発することを目的に創業されました。ベース用のプリアンプ、コンプレッサー、リバーブ、コーラスといったエフェクター類に始まりアンプヘッド、キャビネット、コンボアンプなどをベース専用として開発しました。EBS以降ベース用エフェクターというジャンルが確立されていったように思います。その後ベース用の製品として高い評価を獲得したものをギター用にアレンジを施した製品によって、ベーシストのみならず、ギタリストたちの間でも大きな存在感を示し始めています。

EBSのベースエフェクターの評価

EBSのベース用エフェクターはアマチュア、プロフェッショナル問わずに多くのベーシストから非常に高く評価されています。大きな特徴としてシンプルなインターフェースが挙げられますが、これはプリセットされているトーンや設定されたコントロールの幅が非常に秀逸であることを示しています。これはターゲットをベーシストに絞ったからこその大きなメリットでしょう。その点に加え、ハイレンジでありながら説得力溢れるサウンドはプロユースの現場で高く評価され、多くのプロベーシストを支えています。

おすすめのEBSベースフェクター

EBS MULTICOMP-SE

EBSといえばこれ、というほどに広く知られたプロ用コンプレッサーがこちらのマルチコンプです。もはやベーシストの必須アイテムと言っても過言ではないほどに高く評価されています。簡単なコントロールでありながら、非常に有機的でパワフルに響くサウンドは純粋にサウンドカラーとして大きく魅力的。コンプレッサーとしての機能をほとんど使わず、サウンドにカラーを加えるためだけに使うベーシストもいるほどです。間違いなく優れたプロダクトなので、もしもコンプレッサーを探しているのならとりあえずこれを買えば間違いありません。(とおすすめできるほどに完成度の高いペダルです)

ここで紹介しているモデルは「スタジオエディション」と呼ばれるもので、リレー回路を採用しており、トゥルーバイパスでありながらスイッチ切り替え時のノイズを回避していることと、電源が12Vに拡張されており、よりクリアなサウンドに改良されています。
出典:Amazon
EBS MULTICOMP-SE
19,400円(税込)
2018年10月4日 11:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

EBS MICRO BASS 2

ベースプリアンプ市場は、一昔前では考えられないほどに多様なバリエーションが市場に並んでいますが、発売当時から今にいたるまで多くのプロベーシストに支持され続けているのがこちらのプリアンプ、MICRO BASS2です。2つのチャンネルを備え、2本のベースを入力したり、1本のベースをより細かくセッティングする使い方が可能です。スピーカーのシミュレーター付きのバランスアウト、モニター用のヘッドホンアウト、エフェクター用のFX端子など、あらゆる機能を内包したオールインワンな1台。
出典:Amazon
EBS MICRO BASS 2
31,015円(税込)
2018年10月4日 11:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

EBS UNICHORUS

コーラス、フランジャー、ピッチモジュレーションと必要になるモジュレーション系のエフェクトを3種類内蔵したフレキシブルなエフェクトペダル。ステレオでの出力にも対応しているためにより深みを持ってアンサンブルを揺らすような効果が得られます。オールアナログデザインによる太く芯のあるサウンドが特徴的で、激しいアンサンブルの中でも美しく響きます。凛として時雨の345さんが使用していることでも有名です。
出典:Amazon
EBS UNICHORUS
33,598円(税込)
2018年10月4日 11:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

EBS BILLY SHEEHAN SIGNATURE DRIVE DELUXE

ハードロックバンドMR.BIGのレジェンドベーシスト、ビリー・シーンのシグネイチャードライブペダル。ベースのサウンドを歪ませたときに痩せてしまいがちなところをコンプレッサーによって補正し、サウンドを太いままに出力できるのが魅力的。クリーンループとドライブループを使用してそれぞれのサウンドに独立して別のエフェクターをかけることもできます。種別としてはオーバードライブですが、使い方によってはシステムの根幹を担うものにもなりうる1台です。
1番人気
出典:Amazon
EBS BILLY SHEEHAN SIGNATURE DRIVE DELUXE
21,384円(税込)
2018年10月4日 11:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
ビリー・シーンのベース機材を解説! - PICUP(ピカップ)
ビリー・シーンのベース機材を解説! - PICUP(ピカップ)>>
齢60を過ぎてなお現役のロックベーシスト「ビリー・シーン」。世界中に多くのフォロワーを持ち、日本では主にMR.BIGでの活動やB'zのサポートで知られる名プレイヤーです。今もなおビリーのベースプレイやサウンドに惹かれる人は多く、今回は彼のサウンドと機材について解説します。

EBS BASSIQ

アナログ回路によって構成されるファンキーなオートワウ。一般的なワウワウ効果が得られるUP、ブーツィー・コリンズのようにディープな効果が得られるDOWN、そして限界を突破するように激しく跳ね回るHi-Qの3つのモードを搭載したフレキシブルなデザインです。オートワウはアタックに応じて反応するエフェクトペダルであるためにセッティングに迷うことがありますが、この機種はコントロールが絞られているために、容易にセッティングを詰められます。個人的にはマルチコンプと並んでEBSを代表する名機だと思います。
出典:Amazon
EBS BASSIQ
19,329円(税込)
2018年10月4日 11:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
EBSのベース用エフェクターは登場当初から多くのプロベーシストに愛用され、マーカス・ミラーやタル・ウィルケンフェルドといったトッププロの間でも非常に高い人気を誇りました。ベース向けのエフェクターは現在でもなお多くはありませんが、そんな中で上質なサウンドが保証されているEBSは稀有な存在です。特にMULTICOMPとBASS IQは間違いのない製品で、迷ったらとりあえず選んでも後悔はしないのではないでしょうか。