ランニングに最適なイヤホンの選び方とおすすめイヤホン10選

取材協力
ビックロ ビックカメラ新宿東口店 石井さん
ビックロは、「それはそれは、素晴らしいゴチャゴチャ感」をコンセプトに、ビックカメラとユニクロがコラボした世界で唯一の店舗。家電だけでなくおもちゃ、自転車・ゴルフ用品などのスポーツ用品、生毛(うもう)ふとん、くすり、日用品、化粧品、お酒、メガネ、コンタクトレンズなど様々な商品を取り揃えている。また、仮想通貨「ビットコイン」が使えることでも話題。(ビックカメラのみ、ユニクロなど他テナントでは使用できません)

ランニング中に音楽を聴いている方も多いですよね。では、ランニングに最適なイヤホンとはどんなものなのでしょうか。今回はビックカメラの販売員の方に聞いた、ランニングで使いやすいイヤホンの選び方とおすすめのイヤホンをご紹介します。

目次
ランニングにはワイヤレスがおすすめ!
汗・雨に濡れても大丈夫!防水機能付きがおすすめ!
動いても外れにくいカナル型・耳かけ型がおすすめ!
ランニングにおすすめのイヤホン
おわりに

ランニングにはワイヤレスがおすすめ!

疾走感のある音楽を聴きながらランニングをすると、何もない状態で走るよりも楽しく走れますよね。リズムに乗って走りやすくなり、ペースも維持しやすいという方も多いのでは?
しかし、そんな快適なランニングを邪魔するものがイヤホンのケーブル。走っている腕や体に引っかかったり、揺れてリズム感が崩れたり、わずらわしいと感じる方も多いのではないでしょうか。音楽を聴きながら快適にランニングをしたい方は、ケーブルのないBluetooth対応イヤホンがおすすめです。
Bluetoothイヤホンについてもっと詳しく知りたい方はこちらをcheck!
Bluetoothイヤホンについてもっと詳しく知りたい方はこちらをcheck!
リンク:https://picup.allabout.co.jp/a149/

汗・雨に濡れても大丈夫!防水機能付きがおすすめ!

Bluetoothと合わせてチェックしておきたい機能が防水性です。防水と言っても様々な定義があります。
防水規格表記は国際的に定義されているIEC規格で表されます。IEC規格の防水性はIPコードで表され、無保護状態を表す0から継続に水没しても内部に浸水しない8まで、9段階に分けられています。1~2は一般的に防滴と呼ばれ、鉛直から15度までの水滴では影響を受けません。3以降は影響を受けない範囲が一気に広がり、いわゆる防水と呼ばれるものになります。
水泳などで使う時には完全防水とされるIPX5以上のものが必要ですが、雨や汗が心配されるランニングではIPX3~4くらいのものがあれば安心です。
ランニング

動いても外れにくいカナル型・耳かけ型がおすすめ!

耳に装着するイヤホンの弱点の1つが動きに弱いこと。頭が動けば、それだけイヤホンが外れる可能性が高まります。そこでランニングにおすすめなのが、

  • カナル型:耳栓のように耳の穴に入れて装着するタイプ
  • 耳掛け型:フックが付いていて、耳にかけて使用するタイプ
  • ウィングチップ付き:耳の穴の上の凹み部分にフィットするチップが付いているタイプ

の3つです。最近ではランナーが増えたことにより、これらの製品が多く販売されています。より安定した装着感を得たい方はこの3つに着目して選んでみてはいかがでしょうか。
カナル型イヤホンについてもっと詳しく知りたい方はこちらをcheck!
カナル型イヤホンについてもっと詳しく知りたい方はこちらをcheck!
リンク:https://picup.allabout.co.jp/a148/

ランニングにおすすめのイヤホン

SONY MDR-AS210

防滴機能がついた、ソニーの耳かけカナル型イヤホン。Bluetoothは非対応ですが、ケーブルにクリップがついているのでウェアに固定することができます。ループハンガーが耳をしっかりホールドしてランニング中でも外れにくいのが特徴です。
また、防滴仕様なので、汗や多少の雨なら安心して使用できます。値段も比較的安い価格で購入できるため、ランニングを始めたばかりという人におすすめです。
出典:Amazon
ソニー SONY イヤホン MDR-AS210 : 防滴/スポーツ向け ブルー MDR-AS210 L
2,030円(税込)
2017年10月2日 13:21時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
型式:オープンエアダイナミック型
ドライバーユニット:13.5mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
感度:104 dB/mW (1KHzにて)
マグネット:ネオジウム
再生周波数帯域:17Hz-22000Hz
インピーダンス:16Ω (1kHzにて)

エレコム LBT-HPC11

Bluetooth対応で防水機能のついたエレコムのカナル型イヤホン。基板に防水性の高いコーティングがされているので、汗はもちろん多少の雨でも安心です。
イヤーピースには周辺の環境音が聞き取れるオープンタイプが採用されており、外でのランラングも安全に行えます。3次元でフィットする特殊な形状のイヤーピースは抜け落ちを防ぎ、快適なフィット感を感じられます。
手ごろな価格ながらも欲しい機能がしっかり抑えられている、コスパの高い製品です。
Bluetooth対応 [防水仕様] カナル型イヤホン (ブルー) LBT-HPC11WPBU
4,060円(税込)
2017年10月2日 13:26時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

UPQ Q-music QBE10

デザイン性を求める方におすすめなのが、UPQのBluetooth対応のカナル型イヤホン。耳掛け部分に形状記憶合金を採用して、しっかりとした装着感が味わえます。
音質も優れており、低遅延で高音質の証であるapt-X規格に対応。再生にもストレスを感じさせません。通話用マイクも内蔵されているためスマホでのハンズフリー通話も可能。
通常のBluetoothイヤホンよりも短いケーブルを使うことで、襟元とコードが重ならない工夫がされているなど、ファッション性にこだわった製品です。
Bluetooth対応 イヤホン(Q-music・ブルーグリーン) QBE10 BG
7,020円(税込)
2017年10月2日 13:32時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
■型式:ダイナミック
■重量:15g
■ドライバ口径:10mm
■再生周波数帯域:20Hz~20,000Hz
■インピーダンス:20Ω
■定格入力:5mw
■最大許容入力:10mw
■出力音圧レベル:108dB

BOSE SoundSport in-ear headphones

Boseがスポーツ仕様として開発した「Bose SoundSport in-ear headphones」。サメの背びれのような独特の形をしたイヤーチップは、耳に驚くほど快適にフィットする上外れにくい構造になっています。
音質もさすがはBoseと納得がいく、深みのあるクリアなサウンドが楽しめます。防滴仕様で、汗や少々の雨にも対応しています。Bluetooth対応でないのは残念ですが、手ごろな価格でBoseのイヤホンを使いたい!という方にはおすすめです。
出典:Amazon
Bose SoundSport in-ear headphones - Samsung and Android devices イヤホン チャコール【国内正規品】
11,880円(税込)
2017年10月2日 13:43時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
型式:カナル型
ケーブルの長さ:107 cm
ヘッドホンジャック:φ3.5mm 4極ミニプラグ
コントロールタイプ:3ボタン式マイク付きリモコン
形状:インナーイヤーヘッドホン(イヤホン)
防水性:防滴

BOSE SoundSport WLSS

続いてもBOSEで、こちらはBluetoothに対応したカナル型イヤホン。スポーツ仕様として開発された「SoundSport」シリーズで、激しいエクササイズにも耐えられる製品です。
独特のイヤーチップは柔らかなシリコン素材で快適なフィット感を得られる上、外れにくい設計でハードな運動でも安心して使用できます。
サウンドもBOSEらしい、パワフルでバランスの取れた高い質が味わえます。最大6時間の再生が可能なリチウムイオンバッテリーで、長時間の使用でも安心です。
出典:Amazon
Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン ブラック【国内正規品】
19,440円(税込)
2017年10月2日 13:58時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
■質量 23g
■電源 リチウムイオン電池
■バッテリー連続再生時間 6時間
■バッテリー充電時間 2時間
■Bluetooth A2DP、HFP、AVRCP、BLE
■NFC 対応
■付属品 StayHear+ Sportチップ(S/M/L)、充電用USBケーブル、キャリングケース

オーディオテクニカ ATH-SPORT4

高い防水性能とBluetooth機能がついた、オーディオテクニカの耳かけカナル型イヤホン。IPX5等級の防水が施されているため、本体を丸ごと洗えて清潔に保つことができます。360度稼働するフレキシブルイヤハンガーで、スポーツ時も安定した装着感が味わえます。
また、音切れしにくくバランスのとれた中高音が再生されます。外部の音が聞こえやすいアクティブフィットイヤピースも付属しており、外でのランニング時も安全に使用できます。
出典:Amazon
audio-technica SONICSPORT カナル型ワイヤレスイヤホン 防水仕様 スポーツ向け ブラック ATH-SPORT4 BK
9,784円(税込)
2017年10月2日 13:43時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
形式:ダイナミック型
送電帯域:20~20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)

SONY MDR-XB80BS

同じくIPX5等級の防水機能とBluetooth機能がついた、ソニーの耳かけカナル型イヤホン。水洗いが可能なため、汚れやすいスポーツ時でも使用できます。
フレキシブルワイヤーとアジャスター付きのケーブルにより、耳にピッタリとフィットするだけでなく、本体も頭部にしっかり固定されます。激しい動きでもずれることなく使用できるのは安心です。
バッテリー切れが心配されるBluetoothタイプですが、わずか10分の充電で約1時間の再生が可能なクイック充電機能がついているのもおすすめポイントです。
出典:Amazon
ソニー SONY ワイヤレスイヤホン MDR-XB80BS : 防水/スポーツ向け Bluetooth対応 リモコン・マイク付き ブラック MDR-XB80BS B
11,188円(税込)
2017年10月2日 13:43時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
■型式:密閉ダイナミック
■ドライバーユニット:12mm ドーム型
■再生周波数帯域:4Hz-24000Hz<ヘッドホン部(その他)>
■電源:DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
■充電時間:約2時間
■充電方法:USB充電

Beats by Dr.Dre Powerbeats3 MNLY2PA/A

マイク内蔵で、Bluetooth機能のついたBEATSの耳かけカナル型。やわらかなイヤーフックが耳にしっかりとフィットし、長時間使用しても疲れにくく、外れにくい仕様です。
最大12時間再生が可能な上、Fast Fuel機能により5分の充電で1時間の再生ができ、長時間のワークアウトにも使用できます。音質にこだわるメーカーのため、高性能でダイナミックなサウンドが楽しめます。
Powerbeats3 Wireless(サイレンレッド) MNLY2PA/A
21,373円(税込)
2017年10月2日 13:58時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

JBL UAJBLHRMB

Bluetoothに加え、心拍センサーとトーンセンサー機能がついた、JBLのインナーイヤー型イヤホンです。イヤホンを装着するだけで心拍数を測定する上、右のハウジングをタッチすると音声で心拍数を教えてくれるためトレーニングに最適です。
耳の穴に引っ掛けるように装着するので不安定で、運動には向かないと言われるインナーイヤー型でありながら、独自のツイストロック構造により激しい動きでも耳から外れにくくなっています。また、IPX5の防水仕様で、汗や雨を防ぐのはもちろん、使用後の水洗いも可能です。
UA Sport Wireless HEART RATE(ブラック) UAJBLHRMB
21,470円(税込)
2017年10月2日 13:58時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
■タイプ:密閉ダイナミック型 Bluetoothワイヤレス(インイヤーイヤホン)
■カラー:ブラック
■Bluetooth:Ver 4.2
■対応プロファイル:A2DP v1.3、AVRCP v1.6、HFP v1.6、HSP v1.2
■ユニット:5.8mm
■周波数特性:10Hz-22kHz
■重量:約22g
■電池:充電:約2時間音楽再生:最大約5時間

AFTERSHOKZ AS600OB

最後にご紹介するのは、AFTERSHOKZの骨伝導Bluetoothイヤホンです。骨伝導とは、骨を通じて音を伝える機能で、骨伝導のイヤホンは耳の穴をふさがないため、外でのランニングでも安全に使用することができます。耳を介しない再生ながらも、高級オーディオレベルの重厚なサウンドが体感できます。
チタン製の軽量ヘッドバンドは伸縮性が高く、長時間装着しても疲れません。デュアルノイズキャンセリングマイクもついており、雑音が多いところでもクリアな通話が可能です。
骨伝導ブルートゥースイヤホン(ブルー) AS600OB
17,064円(税込)
2017年10月2日 13:58時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
■周波数帯域:20Hz~30KHz
■感度:100±3dB
■マイク:-40dB±3dB
■ブルートゥースバージョン:v4.1
■対応プロファイル:A2DPAVRCPHSPHFP
■バッテリー:充電式リチウムイオンバッテリー
■連続再生時間:約6時間
■待受時間:約10日間
■充電時間:約1.5時間
■重さ:約36g

おわりに

ランニング人口の増加に伴ってスポーツ仕様のイヤホンも増えてきました。以前はイヤホンが外れたり、ケーブルが引っかかったり、音が飛んだりという悩みが多かったランニング時のイヤホンでしたが、オーディオ技術の向上により快適なワークアウトが可能となりました。
取材したビックカメラでは、実際に耳に装着してみることもできるので、これからランニングを始める方も、今使っているイヤホンに不満がある方も、ぜひ様々なイヤホンを比較してご自身に最適な1本を探してみてください。音楽のある、快適なランニングタイムが過ごせますよ。
商品一覧
ソニー SONY イヤホン MDR-AS210 : 防滴/スポーツ向け ブルー MDR-AS210 L
サイトをみる
Bluetooth対応 [防水仕様] カナル型イヤホン (ブルー) LBT-HPC11WPBU
サイトをみる
Bluetooth対応 イヤホン(Q-music・ブルーグリーン) QBE10 BG
サイトをみる
Bose SoundSport in-ear headphones - Samsung and Android devices イヤホン チャコール【国内正規品】
サイトをみる
Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン ブラック【国内正規品】
サイトをみる
audio-technica SONICSPORT カナル型ワイヤレスイヤホン 防水仕様 スポーツ向け ブラック ATH-SPORT4 BK
サイトをみる
ソニー SONY ワイヤレスイヤホン MDR-XB80BS : 防水/スポーツ向け Bluetooth対応 リモコン・マイク付き ブラック MDR-XB80BS B
サイトをみる
Powerbeats3 Wireless(サイレンレッド) MNLY2PA/A
サイトをみる
UA Sport Wireless HEART RATE(ブラック) UAJBLHRMB
サイトをみる
骨伝導ブルートゥースイヤホン(ブルー) AS600OB
サイトをみる