トレーニングチューブの使い方・選び方とおすすめ9選

取材協力
スーパースポーツゼビオ ららぽーとTOKYO-BAY店 大安さん

トレーニングチューブ、エクササイズバンドは主に上半身を鍛えるアイテムですが、使い方を工夫することで下半身のトレーニングにも最適です。また、形の良いお尻を作りたい!という方にもおすすめです。トレーニングチューブには、ゴムバンドタイプとチューブタイプがあり、おすすめのタイプと使い方などをご紹介していきます。

目次
トレーニングチューブが筋トレにおすすめなワケ
トレーニングチューブの使い方
トレーニングチューブの強度の目安と調節の仕方
1日何分くらいやるべき?
種類別・おすすめのトレーニングチューブ
トレーニングチューブの人気ランキングもチェック!
タイプ・持ち方を工夫して「ながら」運動を実践しよう

トレーニングチューブが筋トレにおすすめなワケ

トレーニングチューブでトレーニングをする女性
トレーニングチューブはいつでもどこでも手軽にできるトレーニングです。チューブ自体が軽く、嵩張らないので持ち運びも楽々。狭いスペースでも十分にトレーニングすることができます。

いろいろな使い方ができて、いろいろな強度のものがあるので、それぞれのレベルや目的に合わせてトレーニングすることができます。年齢制限もなく、老若男女問わず気軽に始められるアイテムです。

トレーニングチューブの使い方

【1】胸筋を鍛える

トレーニングチューブで主に鍛えられるのは上半身です。胸筋を鍛えたい場合、チューブを体の手前や背中側で持ち、左右に引っ張って伸ばすトレーニングが効果的です。また、チューブを背中に回して、手で前へ引っ張るトレーニングも効果的です。
ゴムバンドでトレーニングをする男性

【2】二の腕に筋肉をつけて引き締める

気になる二の腕のお肉を解消したい場合も【1】の方法が有効です。長さがあるチューブの場合は、足でチューブを踏み、両手で引っ張り上げるトレーニングもおすすめです。

【3】足腰を鍛える

足腰を鍛えたい時は、まずトレーニングチューブで輪っかを作ります。横向きに寝転んで輪っかにしたトレーニングチューブを両足にかけ、上側の足を上下させると良いでしょう。仰向けに寝転んで自転車を漕ぐようにするのも効果的です。

【4】美尻を作る

【3】で紹介した横向きに寝転んで片脚を上下するトレーニングは、小さくて形の良いお尻を作りたい人にもおすすめの方法です。トレーニングチューブで負荷をかけることでより効果が高まります。

トレーニングチューブの強度の目安と調節の仕方

強度の目安

トレーニングチューブは強度別に製品が作られています。選ぶ際は、引っ張った時に少し負荷がかかるくらいのものを選びましょう。女性はミドル~ハード、男性はハード~スーパーハードが目安になります。ご年配の方や力がない方は一番やさしい強度のものでも十分効果があります。

強度調節の方法

トレーニングチューブを持つ女性
トレーニングチューブは強度が定められているものの、持ち方によって強度を調節することができるので、そこまで厳密に考える必要はありません。

たとえば、チューブの端を持つ(長く持つ)と負荷が少なくなり、逆に短く持つと負荷が高まります。その日のコンディションや慣れに合わせて持ち方を変えるのも良いでしょう。

1日何分くらいやるべき?

トレーニングチューブは「辛い」と感じるまで続け、それを1日に何回か行うと効果的です。1回の目安時間は10~15分程になります。テレビを見ながら…などの「ながら」運動で構いません。とにかく毎日続けるようにしましょう。

種類別・おすすめのトレーニングチューブ

ゴムバンドタイプ

はじめての人にも扱いやすいのがゴムバンドタイプです。ゴムバンドタイプはチューブタイプと違い、持ち方を変えての強度調節もしやすくなります。全身運動がしたい場合は長めのものを選びましょう。

ヴァナフ エクササイズバンド

コアブレード エクササイズバンド

GronG フィットネスチューブ

1番人気
出典:Amazon
GronG(グロング) トレーニングチューブ フィットネスチューブ エクササイズバンド 強度別5本セット 収納袋付き
799円(税込)
2017年12月25日 15:59時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
  • 【サイズ】長さ/約60cm(一周)※黒のみ約56cm、幅:/約5cm、厚み/約0.4cm(イエロー)、0.6cm(レッド)、0.8cm(グリーン)、1.0cm(ブルー)、1.2cm(ブラック)
  • 【重量】約13g(イエロー)、17g(レッド)、20g(グリーン)、25g(ブルー)、35g(ブラック)
  • 【材質】天然ゴム
  • 【強度】イエロー<レッド<グリーン<ブルー<ブラック
  • 【セット内容】強度別チューブ×5、収納袋

Winhi エクササイズバンド

出典:Amazon
Winhi エクササイズバンド ループバンド トレーニング チューブ 強度別5本セット
1,080円(税込)
2017年12月25日 15:59時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
  • 【サイズ】長さ: 61cm(円周)、幅:5cm
出典:You Tubeコアブレード エクササイズバンドの使い方

チューブタイプ

チューブタイプの場合、ゴムバンドタイプに比べると持ち方による調節はしにくいものの、やり方を変えることで様々なトレーニングが可能になります。上半身のみの場合はそこまで長さは必要ありませんが、全身運動をしたい場合はゴムバンドタイプ同様、長めのものがおすすめです。チューブタイプには、持ちやすいハンドル付きのタイプもあります。

コアブレード エクササイズチューブ

D&M セラチューブ

D&M セラチューブ イエロー
1,512円(税込)
2018年1月16日 12:37時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

コアブレード ハンドルチューブ

empt トレーニングチューブ

出典:Amazon
EMPT(イーエムピーティー) トレーニングガイドブック付 トレーニングチューブ フィットネスチューブ [筋トレ エクササイズ ダイエット] 冊子セット エクササイズバンド (イエロー(スーパーハード)+ブック付)
1,390円(税込)
2017年12月25日 15:59時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
出典:You Tubeコアブレード エクササイズチューブの使い方

ループタイプ

はじめから輪っかになっているループタイプは、全身運動に最適。両足で踏み両手でループを伸ばす基本の全身運動に、スクワットを加えるなどプラスαの動きをつけることで更なる効果が期待できます。長めに作られているため、短くしてより負荷をかけることも可能です。

コアブレード エクササイズループ

出典:You Tubeコアブレード エクササイズループの使い方

トレーニングチューブの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: トレーニングチューブ の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】トレーニングチューブ | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

タイプ・持ち方を工夫して「ながら」運動を実践しよう

狭いスペースでも使えるトレーニングチューブは、自宅で手軽にトレーニングでき、季節や天候にも左右されることなく続けられます。しっかりと集中してトレーニングすることも良いですが、続けることが重要なので、テレビを見ながらなど「ながら」運動で毎日楽しく行うのがおすすめです。持ち方ややり方を変えることで鍛えられる範囲が広がります。程よく筋肉をつけつつ、引き締まったきれいなボディを目指しましょう!
この記事の
商品一覧
コアブレード エクササイズバンド ハード
1,989円(税込)
GronG(グロング) トレーニングチューブ フィットネスチューブ エクササイズバンド 強度別5本セット 収納袋付き
799円(税込)
Winhi エクササイズバンド ループバンド トレーニング チューブ 強度別5本セット
1,080円(税込)
コアブレード エクササイズチューブ ミドル
1,589円(税込)
コアブレード ハンドルチューブ ミドル
1,989円(税込)
EMPT(イーエムピーティー) トレーニングガイドブック付 トレーニングチューブ フィットネスチューブ [筋トレ エクササイズ ダイエット] 冊子セット エクササイズバンド (イエロー(スーパーハード)+ブック付)
1,390円(税込)
コアブレード エクササイズループ ミドル
1,989円(税込)