ハマ・オカモトの使用機材をプロが解説!

取材協力
ベース専門店・Geek IN Box代表 嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。

近年高い人気を誇るベーシスト、ハマ・オカモトさんの使用機材や経歴、プレイヤーとしての特徴について解説。エンドースメント契約を結ぶフェンダーから発売されるシグネイチャーモデルや使用しているヘッドアンプ、エフェクター、参加作品について詳しく紹介します。

目次
ハマ・オカモトの経歴
ハマ・オカモトのプレイヤーとしての特徴
ハマ・オカモトの使用機材を紹介!
ハマ・オカモトサウンドを再現するためにおすすめのアイテム
ハマ・オカモトのファンキーなベースを堪能できる作品

ハマ・オカモトの経歴

大スター、ダウンタウン浜田さんの息子であるハマ・オカモトさん。今や押しも押されぬ若手No.1ベーシストとして大きな存在感を示しています。

高校生だった2008年頃からミュージシャンとしてのキャリアをスタートし、2009年にはOKAMOTO'Sの一員としてライブパフォーマンスを行います。

2013年にはフェンダーとのエンドースメント契約を発表。これは日本人ベーシストとしては初の快挙でした。現在までに星野源、平井堅、大塚愛、KinKi Kids、ももいろクローバーZといった一流ミュージシャンのサポートを務め、日本でも有数のセッションワーカーとして日々その存在感は肥大し続けています。
ハマ・オカモト

ハマ・オカモトのプレイヤーとしての特徴

ブラックミュージックフィールなリズムとベースライン

ハマ・オカモトさんはスティーヴィー・ワンダーやスライ&ザ・ファミリー・ストーンといったブラックミュージック、ソウルミュージックに大きな影響を受けていると公言しています。彼のベースラインにはその通り真っ黒。それでありながらロックベーシスト然としたフィールでベースをプレイします。

また他のバンド系ベーシストと決定的に異なるのはジャムセッションの強さ。ハマ・オカモトさん関連の映像を見ているとジャムセッションの映像も多くありますが、その多くでこれだけの若さとは思えない、どっしりとしたベースサウンドが流れます。クリームのようなジャムバンドにも大きな影響を受けたハマ・オカモトさんならではかもしれません。
出典:You Tube日野“JINO”賢二×ハマ・オカモト(OKAMOTO'S) 『FENDER BAS“S”MENT GARAGE』 presented by ベース・マガジン×デジマート

ファンキーなサウンドを司るPベース

フェンダープレシジョンベースは今や彼のアイコンのような存在で、代名詞とも言えるかもしれません。

プレシジョンベースはフロントにスプリットコイルピックアップを1基搭載したモデルで、低音域から中音域にかけてのレンジが非常に豊か。プレシジョンベースが持つこの特徴は、ハマ・オカモトさんのサウンドにとってはとても重要なピースのひとつです。

稀に他のモデルも演奏していますが、モダンなハイエンドベースよりはいなたさの出るオールディなモデルが好みのようです。

アンサンブルを包む野太い低音

ハマ・オカモトさんはベースに限らず、オールディ、いなためのサウンドの機材を好むようです。例えば、プレシジョンベースの他には、オールドのフェンダージャズベース、エコー製のロケットベース、スクワイヤーのカタナベースなど。

また、アンプ類はフェンダーベースマン、AKIMA&NEOS製WILD BASSなどを愛用しています。機材を見ているとそのどれもが一定の基準に沿った、"ハマ・オカモトサウンド"のためのギアです。

ハマ・オカモトの使用機材を紹介!

Fender HAMA OKAMOTO P BASS

日本人初のフェンダーエンドーサーとして活躍するハマ・オカモトさんのシグネイチャーモデルがこちらのアイテム。60年代後半の一時期にしか搭載されなかったパドルペグと呼ばれる丸い愛らしいハードウェアや、ブリッジを守るブリッジカバーを搭載し、ベース好きは思わずにやりとしてしまう仕様です。

特徴的なのはネックシェイプで、通常のプレシジョンベースよりもスリムなジャズベースのようなネックシェイプを採用しています。"弾きやすいプレシジョンベース"をコンセプトにしています。
1番人気
出典:Amazon
Fender フェンダー エレキベース HAMA OKAMOTO P BASS
80,791円(税込)
2018年2月13日 10:32時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Fender Bassman 800 Head

フェンダーのアンプシステムは、ベーシストには大きな人気はないかもしれませんが、ギターアンプ同様に、クラシックなスタイルのアンプとして非常に高品位なプロダクトであることに間違いはありません。

プリアンプ部分にチューブ、パワーアンプ部分をソリッドステートで動作させることで、サイズを必要以上に大きくせずに大きな出力を持たせることに成功しました。Dクラスのヘッドアンプは別の例として、一般的なベース用ヘッドアンプに比べると8kgに満たないコンパクトさは非常に魅力的です。
出典:Amazon
Fender ベースヘッドアンプ Bassman 800 Head
153,576円(税込)
2018年2月13日 10:32時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

MXR M233 MICRO AMP Plus

MXR のMICRO AMPといえばクリーンブースターとして古くから高い人気を誇ります。本商品はMICRO AMPをベースにしてローノイズ化、TREBLEとBASSのイコライザーを追加したモデルです。

通すだけで音がぐっと前に出て、サウンドにツヤ、ハリを付加します。基本的にはクリーンブースターとして、ゲインをあげてドライブの量を変えたり、ソロ時のブースターとして使われています。
出典:Amazon
MXR M233 MICRO AMP Plus マイクロアンプ+ エフェクター
15,300円(税込)
2018年2月13日 10:32時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ハマ・オカモトサウンドを再現するためにおすすめのアイテム

MXR MXR M-82 BASS ENVELOPE FILTER

ハマ・オカモトさんのルーツでもあるブラックミュージック、ファンクミュージックのベースサウンドには、オートワウは絶対に欠かすことのできないエフェクターです。

本商品は動画のセッション内でハマ・オカモトさんが使っているオートワウです。エンベロープフィルターとも表されるオートワウは、特定の周波数をアタックに合わせて可変させることで" ワウワウ"といった音の揺らぎを作るエフェクターです。

本商品はドライ音とエフェクト音のボリュームコントロールがそれぞれ独立しているため、音の芯をなくさないためにドライ音を自在にミックスすることが可能な秀逸なエフェクトペダルです。
出典:Amazon
◆MXR MXR M-82 [BASS ENVELOPE FILTER]◆並行輸入品◆
20,200円(税込)
2018年2月13日 10:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
出典:You TubeBOBO x ハマ・オカモト(OKAMOTO'S) セッション

ZOOM ベース用マルチエフェクツ・プロセッサー B3n

OKAMOTO'S 7枚目のオリジナルアルバム「NO MORE MUSIC」では、ベースアンプとしてフェンダーベースマンを全編採用したとのこと。言わずもがな、アンプがサウンドに与える影響は少なくありません。しかし、ベースマンの実機は現在流通するアンプの中では安いものではなく、手に入れるのは簡単ではありません。

そこで、B3nのようなマルチエフェクターの出番です。このエフェクターの中にはフェンダーベースマンをはじめとして、多くの名ベースアンプをモデリング。わずかなコストで様々なサウンドをゲットできる、サウンドシステムの構築にはとても便利なアイテムです。
出典:Amazon
ZOOM ズーム ベース用マルチエフェクツ・プロセッサー B3n
19,699円(税込)
2018年2月13日 10:32時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ハマ・オカモトのファンキーなベースを堪能できる作品

OKAMOTO'S 『NO MORE MUSIC』

OKAMOTO'S 7枚目のオリジナルアルバム。多くの作品に携わるハマ・オカモトさんのベースプレイは若手の枠に収まらない玄人のような印象を受けます。

本作品にて使われたベースは59年製フェンダージャズベース、デニスガルスカ製作のフェンダージャズベース、ミュージックマンスティングレイなど。アンプは全編フェンダーベースマン、DIにはアクミオーディオのMotown D.I. WB-3をALTEC 1567Aとの組み合わせで使用しているようです。このシステムは星野源さんの作品の中でも使用されており、ハマ・オカモトサウンドの重要なピースであることが感じられます。
出典:Amazon
NO MORE MUSIC(初回生産限定盤)(DVD付)
3,263円(税込)
2018年2月13日 10:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

星野源『恋』

近年最もライブチケットが取れないアーティストとして知られ、良質なポップスを独自のスタイルで仕上げる星野源さんの大ヒット作「恋」。

本作品には 河村"カースケ"智康さん、長岡亮介さんといった超一流ミュージシャンが参加しており、ハマ・オカモトさんはベーシストとして参加しています。近年のJ-POPの作品としてはベースのサウンドの音量は大きめ。いなたいハマ・オカモトサウンドを存分に聴くことができます。
出典:Amazon
恋 (通常盤)
1,128円(税込)
2018年2月13日 10:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
1991年生まれとまだ若い年齢でありながらも、ハマ・オカモトさんのベースプレイは高い評価を獲得しています。彼の使用しているベースや足元のエフェクター類、アンプなどは本人同様に注目されており、またそのチョイスもベーシスト然としたもの、オールディーズなアイテムが多く、彼のいなたいベースサウンドを構成する重要なこだわりを感じます。

ハマ・オカモトさんが往年のベースプレイヤーに憧れ、そのベースプレイや作品を聴き込んだように、ハマ・オカモトさんの参加している作品を聴き込み、そのサウンドをマネしていくのがハマ・オカモトサウンド再現の近道になるかもしれません。その手助けとして、今回紹介したアイテムが役に立てば幸いです。
この記事の
商品一覧
Fender フェンダー エレキベース HAMA OKAMOTO P BASS
80,791円(税込)
Fender ベースヘッドアンプ Bassman 800 Head
153,576円(税込)
MXR M233 MICRO AMP Plus マイクロアンプ+ エフェクター
15,300円(税込)
◆MXR MXR M-82 [BASS ENVELOPE FILTER]◆並行輸入品◆
20,200円(税込)
ZOOM ズーム ベース用マルチエフェクツ・プロセッサー B3n
19,699円(税込)
NO MORE MUSIC(初回生産限定盤)(DVD付)
3,263円(税込)
この記事の商品一覧
Fender フェンダー エレキベース HAMA OKAMOTO P BASS
Fender フェンダー エレキベース HAMA OKAMOTO P BASS
80,791円(税込)
Fender ベースヘッドアンプ Bassman 800 Head
Fender ベースヘッドアンプ Bassman 800 Head
153,576円(税込)
MXR M233 MICRO AMP Plus マイクロアンプ+ エフェクター
MXR M233 MICRO AMP Plus マイクロアンプ+ エフェクター
15,300円(税込)
◆MXR MXR M-82 [BASS ENVELOPE FILTER]◆並行輸入品◆
◆MXR MXR M-82 [BASS ENVELOPE FILTER]◆並行輸入品◆
20,200円(税込)
ZOOM ズーム ベース用マルチエフェクツ・プロセッサー B3n
ZOOM ズーム ベース用マルチエフェクツ・プロセッサー B3n
19,699円(税込)
NO MORE MUSIC(初回生産限定盤)(DVD付)
NO MORE MUSIC(初回生産限定盤)(DVD付)
3,263円(税込)