KenKenの使用機材をプロが解説!

取材協力
ベース専門店・Geek IN Box代表 嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。

※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません

歴史に残るであろうベーシスト、kenkenさんの機材や経歴、プレイヤーとしての特徴について紹介。本人のシグネイチャーモデルであるAtelier Z BK4やtc electronic blacksmithなどの機材についての解説、サウンド再現のためのアイテムについても紹介しています。

目次
KenKenの経歴
KenKenのプレイヤーとしての特徴
KenKenの使用機材を紹介!
KenKenサウンドを再現するためにおすすめのアイテム
kenkenのバッキバキなベースを堪能できる作品

KenKenの経歴

父親はジョニー吉長さん、母親は金子マリさん、兄に金子ノブアキさんを持つ音楽一家に、1985年に生まれたのがKenKenさんです。15歳のときにはすでに下北沢近辺でライブ活動をスタートしており、未だに年齢的には若手ベーシストではあるものの、既にそのキャリアはベテランと呼んでも差し支えのないものになっています。

21歳で兄の金子ノブアキさんも参加しているバンド、RIZEに加入。現在ではDragon AshやLIFE IS GROOVEなどのバンド活動の他、堂本剛さん、SKY-HIさんといった一流アーティストのライブにも参加しており、幅広い活躍を見せています。

KenKenのプレイヤーとしての特徴

懐の深い音楽性

KenKenさんの参加しているジャムセッションなどの映像を見ていると、根本に流れるのはスライ&ザ・ファミリー・ストーンのようなブラックミュージックやファンクミュージックのように感じます。

また、RIZEやDragon Ashでは90年代~00年代にかけてのオルタナティブロック、ミクスチャーロックのような雰囲気も感じられ、それらはまさに現代の万能ベーシストと呼べる懐の深さ。その派手なルックス、ベースプレイからともすると軽薄に見られるかもしれませんが、実のところ、とてつもなく大きいバックボーン(知識や経験、血縁、技術)に支えられたミュージシャンです。

バキバキと攻めるスラップ

KenKenさんといえば、バキバキのドンシャリサウンドと、圧倒的な手数で攻めまくるスラッププレイというほどに、彼のスラッププレイは文字通りの代名詞になっています。

高速でダブルストップを織り交ぜながら叩きこむスラッププレイは唯一無二。このプレイを支えている要素のひとつはアトリエZ製のジャズベースでしょう。高いプレイヤビリティと素早い反応性はを持つアトリエZベースはもはやKenKenさんのサウンドの一部と言えるかもしれません。
出典:You Tubedocomo / UFO x KenKen 弾いてみて!

全レンジを支配するようなフィンガープレイ

弦をパワフルに弾き飛ばし、激しいアタック音とともに炸裂するベースサウンドは、スラッププレイと並んでKenKenさんの代名詞。

このサウンドにとって重要なのは低い弦高でしょう。触れるだけで音が出るほどに低く弦高をセッティングすることで、激しいアタック音が得られます。

また、それだけの低い弦高にセッティングしても、しっかりとした低音を出せるようなエレクトロニクスも重要。フィンガープレイにおいてもスラッププレイと同様にアトリエZベースの特徴がよく活かされています。

KenKenの使用機材を紹介!

Atelier Z BK-4 KenKen Signature Model

近年高い人気を誇る国内メーカー アトリエZから発売されているKenKenさんのシグネイチャーモデルがこちらの商品です。

ホワイトアッシュ2Pのボディをもち、メイプル指板、Bartolini XTCTを搭載し、同社のフラッグシップモデルM#245をベースにしたモデルであることがわかります。大きな変更点はミラーピックガード、24フレット仕様、MCT-375を追加したプリアンプです。

アトリエZらしいプレイヤビリティの高さと、ニューヨークサウンドとKenKenさんらしいルックスと操作性、そして広い音域がミックスされた、アーティストモデル然としたベースとなっています。
1番人気
出典:Amazon
Atelier Z BK-4 KenKen Signature Model
285,120円(税込)
2018年2月13日 10:41時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
ATELIER Zの評価、特徴とおすすめベース9選! - PICUP(ピカップ)
ATELIER Zの評価、特徴とおすすめベース9選! - PICUP(ピカップ)>>
1989年から現在に至るまで高い人気を誇るATELIER Z(アトリエズィー)のベースについて、その歴史や特徴、評価、愛用しているミュージシャンについて解説。フラッグシップであるMシリーズを始めBetaやBaby Zなどについてオススメのモデルを紹介しています。

tc electronic Blacksmith

近年ベースアンプ界ではDクラスアンプが大流行しており、tc electronicは高品位なDクラスアンプをリリースし、ベーシストに大きく認知されました。そんなDクラスアンプを製作する傍ら、本格派の大型アンプも開発しています。そのひとつがこのBlacksmithです。

3つのプリセットトーンを登録することが可能で、KenKenさんはアトリエZのためのプリセット、ウッドベースのためのプリセット、Dragon Ashなどのバンドのためのプリセットの3つを使い分けています。
出典:Amazon
tc electronic Blacksmith ベースアンプヘッド
235,440円(税込)
2018年2月13日 10:41時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

BOSS Bass OverDrive ODB-3

BOSSのベース用オーバードライブ、ODB-3は数々のミュージシャンを魅了しています。例えばRed Hot Chili PeppersのFLEAがODB-3のサウンドを積極的に使っていたのは非常に有名で、イントロのベースリフが印象的なAround the worldのドライブサウンドはODB-3によるものだと言われています。FLEAのベースプレイに影響を受けたKenKenさんもODB-3は愛用しています。
出典:Amazon
BOSS Bass OverDrive ODB-3
10,800円(税込)
2018年2月13日 10:41時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

KenKenサウンドを再現するためにおすすめのアイテム

t.c.electronic Bass Head Amplifier RH450

KenKenさんが使用しているBlacksmithは大型の超ハイパワーアンプのため、一般のユーザーが使うには少々オーバースペックかもしれません。そこでおすすめしたいのが同社のDクラス軽量アンプ。わずか4kgの軽量な筐体に、450Wと必要十分なパワーを秘め、さらに3つまでプリセットトーンを設定することが可能です。

世界的なメーカーであるtc electronicの製作した本商品は自動感知型パワーサプライを搭載しており、90~240Vの範囲で電源を自動的に切り替えるので、電源の心配をする必要がありません。
出典:Amazon
tc electronic RH450 ベース用ヘッドアンプ
79,800円(税込)
2018年2月13日 15:31時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Eventide Time Factor

超ハイクオリティな音響機材を製作するEventideはアメリカのメーカーです。Time FactorはStrymon TIME LINEやempress Super Delayと並んで最高級の多機能ディレイとして知られています。

100のプリセット、9種類のディレイサウンド、10個のノブ・MIDIコントロール・EXPペダルによるリアルタイムコントロールなど、文字通り最高峰と呼ぶべき機能を搭載しています。
出典:Amazon
Eventide イーブンタイド ディレイペダル Time Factor (国内正規品)
53,784円(税込)
2018年2月13日 10:41時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

kenkenのバッキバキなベースを堪能できる作品

KenKen 『PARTY of INVADERS 』

ドラムス、ベース、ギター、ボーカルを全てKenKenさん1人が担当したオリジナルアルバム。ロック、テクノ、ポップス、ファンク、ジャズ、ヒップホップ、アイリッシュ、なんでもありの文字通りのミクスチャーアルバムで、10代後半から20歳にかけて製作した1枚です。

天才と称されたその才能を遺憾無く発揮していますが、よくあるベーシストのベースアルバムといった感じではなく、KenKenさんの音楽性をごちゃ混ぜにして1枚にまとめ上げたような印象を受けます。
出典:Amazon
PARTY of INVADERS
2,639円(税込)
2018年2月13日 10:19時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

LIFE IS GROOVE『Generations 』

KenKenさん、山岸竜之介さん、ムッシュかまやつさんの3人によるプロジェクト、LIFE IS GROOVEの1stアルバムが本商品です。コテコテのアンダーグラウンドファンクをベースにした生きたアンサンブルが生々しく収録されています。

限りなく純度の高いパーソナルな音楽でありながら、ミュージシャンに対して強い求心力を持ったものではないでしょうか。収録時間37分、9曲と嵐のように通り過ぎていくアルバム、気づいたらリピートしています。
出典:Amazon
Generations
1,900円(税込)
2018年2月13日 10:19時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
若年層に圧倒的な人気を誇る若手No.1ベーシスト、KenKenさんの使用機材について解説しました。サウンドの大きな要素のひとつはアトリエZベースでしょう。高いプレイヤビリティは高速スラップや地を這うフィンガープレイをサポートし、強力なエレクトロニクスはぐっと前に出るサウンドを作り出します。

ブラックミュージックに根ざしながらロックスピリットを持ったベースプレイが特徴的なKenKenさん、彼のようなサウンドを再現する腕を身につけながら、いい機材を選びたいですね。
この記事の
商品一覧
Atelier Z BK-4 KenKen Signature Model
285,120円(税込)
tc electronic Blacksmith ベースアンプヘッド
235,440円(税込)
tc electronic RH450 ベース用ヘッドアンプ
79,800円(税込)
Eventide イーブンタイド ディレイペダル Time Factor (国内正規品)
53,784円(税込)