5歳児に読ませたい!想像力が溢れるおすすめ絵本7冊

先輩ママ・パパの声をもとに、5歳のお子さん人気の絵本、おすすめの絵本をご紹介します。絵本は想像力を育んだり、文字や数字を覚えたり、人とのコミュニケーションを学んだり、お子さんの世界が広げてあげるきっかけになります。この記事を参考にして、お子さんが良い絵本と出会えますように!

目次
5歳児に人気の絵本
食べものを知り、料理に興味を持つ絵本
ことばや季節を学ぶ絵本

5歳児に人気の絵本

全国のママ・パパに、お子さんが5歳の時に気に入って読んでいた(読んでいる)絵本についてのアンケートを実施しました。5歳児に人気の絵本と、その絵本のどういう点がお気に入りだったかをご紹介します。

はらぺこあおむし

「はらぺこあおむし」はまさに子供の定番絵本。色鮮やかなイラストに引き込まれ、小さいころからずっと大好きだという子も多いようです。繰り返し読んでいるうちに、色や曜日、果物の名前を自然と覚えられるような、楽しさに溢れたストーリーは何度読んでも飽きません。

また、果物などを食べることで成長していくあおむしと自分を重ね、たくさんごはんを食べるようになったという声も寄せられました。
出典:Amazon
はらぺこあおむし (偕成社・ボードブック)
972円(税込)
2018年2月27日 17:29時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
福岡県・30代・専業主婦
夜寝る前に必ず読んでほしいと持ってきた一冊。カラフルな絵が印象的で、果物や食べ物を食べ過ぎたあおむしが、最後に食べた葉っぱがとても美味しかったと言ったのを見て、子供もレタスを食べるようになりました。ちょうちょになった時も、キレイだねっと言って嬉しそうに見ていました。
大阪府・30代・パート
何やら歌をうたっていたので保育所で確認したら、はらぺこあおむしの歌でした。すぐに本を購入し、歌を覚えるとお風呂や移動中など、手持ちぶさたな時には必ず口ずさむようになっていました。色や、曜日なども一緒に覚えられた作品でした。

はじめてのおつかい

みいちゃんがはじめて一人でおつかいに行くというストーリーを描いた「はじめてのおつかい」。いつか訪れる“はじめてのおつかい”の前に、ぜひ読んでおきたい一冊です。

一人で行く不安や緊張といった細かい心理描写がよく描かれており、おつかいの予行演習のような気持ちで読み進められます。みいちゃんがしっかりとあいさつやお礼の言葉を伝える姿は、挨拶を覚えるきっかけにも。

出典:Amazon
はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)
972円(税込)
2018年2月27日 17:29時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
兵庫県・30代・専業主婦
主人公の女の子の名前を娘の名前にして読んであげて、「牛乳ください」というセリフを娘が言うといった読み方をしていました。この本を読んだからか、お店でも店員さんに聞こえる声でお礼の「ありがとう」などを言えるようになりました。
東京都・30代・派遣社員
保育園からの誕生日プレゼントでもらった絵本。優しいタッチの絵で、物語に入りやすいです。寝る前の読み聞かせに自分で選んできて読んでいます。主人公が5歳で、はじめてのおつかいに行くという話なので、ちょうど5歳の娘が共感しやすかったのかもしれません。また、絵が細かいので、直接物語とは関係ない絵を当てるクイズ(歯医者さんは何歯医者さんだったでしょうか?など)も、たくさんできて面白いです。

食べものを知り、料理に興味を持つ絵本

からすのパンやさん

いずみがもりに住むからすの家族が営む「からすのパンやさん」で起こるできごとを描いた絵本。お父さんお母さんを手助けするため、4羽のこどもからす達が考えるユニークなパンはなんと80種類以上!

見開き一面に広がるパンや、やってきたからす達を見て、「これは何のパン?」「このからすは何しているのかな?」とお子さんに質問しながら読むのも良いでしょう。
出典:Amazon
からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
1,080円(税込)
2018年2月27日 17:29時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
京都府・40代・専業主婦
私自身が子どもの頃に読んだ記憶がありまして、本屋さんで見つけてすぐに購入しました。かわいいからすの子どもたちや、美味しそうな変わったパンがたくさんのっていて、毎回、このパンがいいな、こんなのもあるよと親子で会話が弾む絵本です。

きょうのおやつは

鏡のように反射する特殊な紙でできており、直角に立たせて読むと絵が三次元的に見えてくるという変わった仕掛け絵本。ホットケーキを作る様子がよりリアルに見え、読み終わった後には「ホットケーキを作りたい!」という子供が続出。お料理の楽しさに目覚めそうな一冊です。
出典:Amazon
きょうの おやつは (福音館の単行本)
1,620円(税込)
2018年2月27日 17:29時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
鹿児島県・30代・専業主婦
絵本自体はいただいたものですが、子供とすぐに読んで、「ホットケーキの本」と言っています。好きなタイミングで私が読んであげたり、子供が自分で読んだりしています。その後は、もちろん「ホットケーキ作って!」です。

絵本が鏡になっているので、開くと奥行きのある絵になり、美味しそうで作りたくなるんですよね。物語中に出てくるねこちゃんに、「まだできていないよ!」と呼びかけたり、フライパンの絵を触って、「熱い!」と言ったりして遊んでいます。

おばけのてんぷら

くいしんぼうで楽天的なうさこちゃんが主人公の「おばけのてんぷら」。てんぷらを作る工程を分かりやすく描いていることで、料理への関心が高まる子が多いようです。また、おばけという不思議な存在への興味を持ち、想像することで、お子さんの想像力を育むことに繋がります。
出典:Amazon
おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)
432円(税込)
2018年2月27日 17:29時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
長崎県・30代・専業主婦
おばけのてんぷらは、私が昔、保育士として働いていた頃に出会った本で、保育園の子供たちも大好きな本の1冊でした。我が子もお気に入りの1冊となり、「これ読んで!」とよく持ってきていました。

内容も、うさこがてんぷらを作るためにお買い物するところから始まり、野菜を切ったり、衣を付けて油で揚げたりなど、おままごとをしている気分になるようです。絵本を読んだあとは、お料理ごっこをするなど、様々な遊びに発展していました。

また、おばけに興味をもち、「こんなオバケなら可愛いね!」「ホントにオバケいるのかな?」と盛り上がることもありました。特にオバケが鍵穴から入るために唱える呪文を気に入り、一緒に唱えてみたり、いろいろな楽しみ方をしていました

夕飯で野菜の天ぷらを作った日には、おばけのてんぷらみたい!と喜んで食べている姿を思い出します。

ことばや季節を学ぶ絵本

あいうえおの本

左ページにひらがなが、そして右ページにその文字で始まるものが描かれた、見開きで「あいうえお」を覚えられる絵本。ただ「あいうえお」をことばとして覚えるのではなく、目でものを見て覚えることができるので、頭にも入りやすく、小さい子でも分かりやすい内容になっています。
出典:Amazon
あいうえおの本 (安野光雅の絵本)
1,620円(税込)
2018年2月27日 17:29時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
神奈川県・30代・会社員
この本は息子が生まれたときの誕生祝いとして、知人からプレゼントされたものです。昔の薬局にある薬箱にそれぞれのひらがなが入っています。各字から始まる単語が絵としていくつか配置されており、連想ゲームもできるような作りになっています。息子はこの本のおかげで、文字に興味を持つようになりました。

ぐりとぐらの1ねんかん

人気の絵本「ぐりとぐら」シリーズの一冊。ぐりとぐらが過ごす一年間を、季節感あふれるイラストで追うことで、日本特有の四季を感じることができます。また、月ごとに描かれているため、カレンダーを覚えるきっかけになったり、自分の誕生月への興味が湧く子も多いそうです。
出典:Amazon
ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)
1,404円(税込)
2018年2月27日 17:29時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
青森県・40代・専業主婦
幼稚園から帰ってきて、ちょっと休むと「読んでちょうだい!」とお願いされていました。ぐりとぐらのシリーズはお気に入りで、特にこの本は、「1年は12月まであるんだね~」と季節も分かるのでとても楽しかったようです。字も大きくてすぐ読み終わるので、忙しいお母さんにもおすすめです。
以上、5歳の子におすすめの絵本をご紹介しました。様々な遊びを覚える中で、絵本を読むことは想像力を育むきっかけになります。美味しそうなパンを見ておままごとを始めたり、季節を覚えることで次の季節が待ち遠しくなったりと、お子さんの世界がさらに広がっていくでしょう。

しかし、「もっと想像力をつけたい!」と駆け足になってしまうのはNG。ひとつひとつ丁寧に読むことで、お子さんの観察力も成長します。お子さんのペースで、ゆっくり楽しく読み聞かせてあげてくださいね!
この記事の
商品一覧
はらぺこあおむし (偕成社・ボードブック)
972円(税込)
はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)
972円(税込)
からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
1,080円(税込)
きょうの おやつは (福音館の単行本)
1,620円(税込)
おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)
432円(税込)
あいうえおの本 (安野光雅の絵本)
1,620円(税込)
ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)
1,404円(税込)