ロードバイク用バッグの選び方とおすすめバッグ7選

取材協力
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん サイクルパラダイス買取
サイクルパラダイスは、自転車の製造・販売・中古・買取までを行っている自転車の専門店。ロードバイク、クロスバイク、ミニベロなど各種スポーツ自転車・ブランド自転車を幅広く取り扱っている。また、自転車の高額買取りと即日出張買取も実施。しかも買取価格保証で安心。もちろん、査定・買取・出張・宅配は完全無料。

ロードバイク用バッグは様々な種類がありますが、主に使われているのはサドルバッグとトップチューブバッグです。ポタリングを楽しむ程度のライダーの間では、おしゃれで可愛いサコッシュも人気です。今回は数あるバッグの種類と選び方をご紹介します。

目次
ロードバイク用バッグの選び方
ロードバイクよりもツーリングスタイルのバイクに人気な「バックパック」
おしゃれで人気な「サコッシュ」は貴重品を入れてもOK
種類が豊富で使い勝手の良い「サドルバッグ」
「トップチューブバッグ」はよく使うものを手元に置けて便利
変速レバーによって制限がある「フロントバッグ」
通勤時に最適な「メッセンジャーバッグ」
「ツールケース」は重心が下になりロードバイクが揺れにくい

ロードバイク用バッグの選び方

自分の乗り方やシーンを想像して取捨選択しよう

ロードバイク用バッグは、乗り方やシーンによって大きく変わります。たとえば、友人と半日ツーリングする程度であれば、小さなサドルバッグやトップチューブバッグだけで十分ですし、泊まりがけのライドになると、着替えなどそれなりの荷物が入る大きさのバッグが必要になります。

人によってはサイクルジャージのポケットに入れて済ませるという人もいるため、ロードバイク用バッグは必ずしも必須アイテムではありません。どのように使うのかを想像しながらバッグを選びましょう。

新しいスタイル・バイクパッキング

ロードバイクで旅する男女
かつては、ツーリング車の両サイドに荷物を積むためのキャリアをつけ、そこに自転車専用の左右振り分けバッグ(パニアバッグ)を積むというスタイルが主流でした。新しいスタイルとして生まれたのがバイクパッキングであり、これは、キャリアを付けるのではなく、自転車自体に容量のあるバッグをつけるというスタイルです。

バイクパッキングが生まれてから、自転車に取り付けるバッグの種類が増えてきているため、旅先でのツーリングもしやすくなっています。しかし、ロードバイクは基本的に走りを重視する車両のため、やはりライダーの多くは荷物を最小限で済ませるスタイルを好んでいます。

世の中に浸透しつつあるバイクパッキングですが、その多くはツーリングスタイルのバイクに広まっています。軽く、走りに特化したロードバイクに、わざわざ大きなバッグをつけるのは好まれにくいようです。

ロードバイクよりもツーリングスタイルのバイクに人気な「バックパック」

バックパックを背負って走るライダー達
バックパック(リュック)を選ぶ場合、自転車用の小さめのものがおすすめ。体への負担が少なく、大きめのものと比べると疲れにくい傾向にあります。また、背中の水袋からホースを伝って水分補給ができる、ハイドレーションバッグというものも存在します。
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん
ロードバイクユーザーにバックパックが好まれないのは、背負って走ることで背中が放熱せず熱がこもり、汗を必要以上に多く発汗することが大きな要因でしょう。また、ロードバイクの場合は特に前傾姿勢のため、背面との密着度が増してより通気性も悪くなり、不快感を感じる人が多いようです。

DEUTER(ドイター) ウルトラライド6

出典:Amazon
DEUTER (ドイター) ウルトラライド6 バックパック6L ブラック×グレー7720
6,750円(税込)
2018年3月13日 14:27時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん
自転車用バッグの有名メイカー・ドイターのバックパック。フィット感や通気性など自転車乗りに選ばれる機能がしっかりしています。このモデルは、容量:6L、バック重量:380gと非常に軽量です。最低限の容量で体への負担を少なくすることを考えて作られたバッグです。

おしゃれで人気な「サコッシュ」は貴重品を入れてもOK

貴重品など、肌身離さず持っておきたいものを仕舞うバッグとして、以前はウエストバッグなども見られましたが、バッグの種類が増えてからはあまり見かけなくなりました。サイクルジャージのポケットにしまう人が増えたこともありますが、近年話題になっているのがサコッシュです。

サコッシュは、もともとロードレースでライダーに補給食などを渡すための袋として作られたものですが、アウトドアメーカーがおしゃれなデザインのものを販売すると人気が急上昇。ライダーだけでなく、野外フェスなどでも重宝されているようです。

mont-bell(モンベル) U.L.MONOバッグ

出典:Amazon
mont-bell(モンベル) U.L.MONOバッグ
2,484円(税込)
2018年4月12日 14:25時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん
サコッシュは、自転車のメーカーよりもアウトドアやアパレルメーカーからたくさん出ています。選ぶ時は自分の好きなデザインのものを選ぶと良いでしょう。こちらのモンベルのサコッシュは超軽量で丈夫な上、サイズが豊富。Lサイズだとかなりの容量があり、多少荷物が多くなっても安心です。

種類が豊富で使い勝手の良い「サドルバッグ」

サドルバッグ
自転車用バッグの中でも種類豊富なのがサドルバッグ。容量も様々で、ワンタッチで取り外しができるものもあります。携帯工具や交換用のチューブ、小型の鍵などを入れるためにつける方が多いバッグですが、1泊のツーリングなど、嵩張る重い荷物を入れる大容量タイプを使っている人も。身に着けるよりは確実に楽で、とても便利です。

TOPEAK Weatherproof DynaWedge

出典:Amazon
TOPEAK Weatherproof DynaWedge
2,592円(税込)
2018年4月12日 14:25時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん
トピークのサドルバッグはとにかくラインナップが豊富。容量、使い方など、必ず自分が必要としている機能のものが見つけられると思います。

サドルバッグについてもっと知りたい方はこちら!

全てのライダーにおすすめしたいロードバイク用サドルバッグ7選 - PICUP(ピカップ)
全てのライダーにおすすめしたいロードバイク用サドルバッグ7選 - PICUP(ピカップ)>>

「トップチューブバッグ」はよく使うものを手元に置けて便利

トップチューブバッグ
現在、トップチューブバッグは大きく分けて2種類あります。1つ目はヘッド付近につける小さなタイプです。人によっては立ち漕ぎする際に膝がぶつかる、という人もいますが、携帯電話やお財布、補給食などが手が届く範囲に置け、欲しい時にすぐ取り出せるのでとても便利です。

2つ目は、フレームのフロント三角の中につけるタイプです。このタイプのバッグは様々な形がありますが、大容量のバッグをつけることができるので、サドルバッグと併用してウルトラライトなキャンプツーリングも可能になります。
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん
キャンプスタイルでツーリングする方の多くは、シクロタイプやアドベンチャータイプといった太いタイヤが装着可能な車体を選んでいます。砂利道などの走行も可能なグラベルロードバイクに乗っている人にも人気のスタイルです。

FAIRWEATHER frame bag

1番人気
出典:Amazon
FAIRWEATHER frame bag
7,776円(税込)
2018年4月12日 14:25時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん
こちらはロードバイク用に作られたものではありませんが、いわゆるトップチューブ下に付けるタイプです。容量は3.5Lとかなり入るので、一泊ツーリングなどを考えている方にもオススメです。

変速レバーによって制限がある「フロントバッグ」

フロントバッグ
フロントバッグは、ドロップハンドルと現在のSTIレバー(変速レバー)の特性上、ロードバイクにつける方はほとんどいませんが、変速の邪魔をしない小さめのフロントバッグは、ワンタッチで取り付けられる手軽さがあります。

Restrap BAR BAG HOLSTER

出典:Amazon
Restrap BAR BAG HOLSTER
12,309円(税込)
2018年4月12日 14:25時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん
こちらもロードバイク用というよりは、グラベルロードなどのシーンから生まれたタイプのデザインです。かなりの容量が入るので、やはり一泊ツーリングなどをする方にオススメです。

通勤時に最適な「メッセンジャーバッグ」

通勤手段としてロードバイクに乗っている人におすすめなのがメッセンジャーバッグ。自転車用のバッグとして作られているため、汗への対応性があり、走行時の振動から中の荷物を保護できるようになっています。PCなど精密機器を運ぶ人は特に便利です。

CHROME CITIZEN

出典:Amazon
CHROME CITIZEN
20,189円(税込)
2018年4月12日 14:25時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん
メッセンジャーバックは、その名の通りメッセンジャーシーンから生まれたバッグです。ロードバイクでの通勤から普段使いと、毎日使える丈夫なものを探している人におすすめ。サイズ展開も豊富なブランドです。

「ツールケース」は重心が下になりロードバイクが揺れにくい

サドルバッグやトップチューブバッグに工具を入れるのもおすすめですが、これらのバッグは車体の上側につけるため、ロードバイクの重心が上になり、激しいライドの際には車体が揺れやすくなってしまいます。ツールケースはボトルゲージに収まるケースであり、車体の重心を下に保つことができる収納アイテムです。缶タイプもあります。

Vittoria ツールボトル プレミアムジップツールケース

出典:Amazon
Vittoria ツールボトル プレミアムジップツールケース
1,424円(税込)
2018年4月12日 14:56時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
サイクルパラダイス バイヤー 松永 弘樹さん
こちらは「ツールケース」です。缶タイプは防水性が高いのですが、区分けしたりしずらく、詰め込んでいると一つ取り出すのに手間になるため、最近はツールケースを使用する人が増えてきているようです。ツールケースは内容物の安定感も優秀なのでおすすめですよ。
ロードバイク用バッグを選ぶ際には、自分がどんな風にロードバイクに乗るか、どんなシーンが主になるのかを想像して選ぶと良いでしょう。車体自体が軽く、走行を重視するロードバイクには、本来大きな荷物を載せるのは不向きです。不要なものは乗せず、必要最低限のアイテムを選んでバッグに入れてください。

泊まりがけなど、どうしても大きな荷物になってしまう場合は、バックパックなど身に着けるバッグよりも、サドルバッグやトップチューブバッグなどの車体自体に荷物をつけられるものがベスト。大きな荷物は体への負担が増すため、荷物はできるだけ車体につけて少しでも負担を軽減することが重要です。

自分の目的に合ったバッグはより快適なライドを可能にします。記事を参考に、最適なバッグを選んでみてくださいね!
この記事の
商品一覧
DEUTER (ドイター) ウルトラライド6 バックパック6L ブラック×グレー7720
6,750円(税込)
mont-bell(モンベル) U.L.MONOバッグ
2,484円(税込)
Vittoria ツールボトル プレミアムジップツールケース
1,424円(税込)