無線LANルーターは使用環境を要チェック!おすすめの親機5選

取材協力
パソコン専門店 ドスパラ
ドスパラはゲームパソコンの「GALLERIA」を中心としたBTO(Build To Order)パソコンの専門店です。初心者はもちろん、上級者まで満足出来る豊富なラインナップを取り揃え、用途に合わせてカスタマイズ可能なパソコンをお求めやすい価格でご提供しています。また、デジタル雑貨の上海問屋を運営。便利なパソコン周辺機器を多数取り揃えています。

無線LANの親機は家庭内LANを構築する時に役立ってくれるデバイスです。しかし規格が色々あるためにどれを選んでよいのかわかりにくい面もあります。そこで無線LANの親機の選び方をお伝えしていきます。

目次
無線LANの規格の違いとは?
無線lanの選び方
11acモデルのおすすめ無線LANルーター
安価な「11nモデル」ならこれ!
高速通信を求めるゲーマーへ送るASRock G10
無線LANの人気ランキングもチェック!

無線LANの規格の違いとは?

無線LANの規格として、
  • IEEE802.11ad
  • IEEE802.11ac
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11b
というの6つの規格が存在します。

その中でも現在主流となっているのは、「11ac」と「11n」の2つの規格です。

現在主流の規格は「IEEE802.11ac」

「11ac 」は中上位機種に採用されており、周波数帯は5GHzと2.4GHzの双方に対応、最大通信速度は6.9Gbpsとなっています。高速通信が可能な規格であり、多くのネット回線の速度帯に対応可能なので、契約しているネット回線の性能を十分に引き出したいのであれば11acを利用できる無線LAN親機を買うのが良いでしょう。
無線LANルーター

お手頃価格の「IEEE802.11n」モデル

「IEEE802.11n(11n)」モデルは、2.4GHz帯のみ対応している規格で、2009年に定められた、やや古い規格です。最大速度は600Mbpsと、1Gbpsを超える光回線のパフォーマンスを最大限に発揮できないこともあります。5GHzには対応していないものの、「11ac」に比べ価格が安くなる傾向があります。

無線lanの選び方

まずは、契約している通信キャリアの速度をチェック!

インターネット接続の速度を速くしたいのであれば、まずはじめに確認すべきは、契約している回線速度です。無線LANルーターは、電波を受け取って分配する役割を担う機器。つまり、無線LANルーターの性能がどれだけ高くても、契約している回線速度を超えた速度での通信はできないのです。

例えば300Mbpsの回線速度の契約をしている場合、無線LANルーターの規格は「11ac」と「11n」のどちらを利用しても、300Mbpsに対応可能であるため、速度に違いはありません。しかし、1Gbpsの回線を契約している場合には、無線LANルーターの規格によって速度に差が出ます。

つまり、無線LANルーターの最大通信速度が、契約している回線速度を上回っていれば、無線LANルーターによる速度低下は発生しないのです。通信速度が気になるときには、契約している回線を確認した上で、無線LANルーターを用意するようにしましょう。

使用する環境によって周波数帯を選んだほうがいい?

「11ac」規格は、5GHz帯と2.4GHz帯の双方に対応していると説明しましたが、この2つの周波数帯にはどのような違いがあるのでしょうか。住居環境ごとにおすすめをご紹介します。

集合住宅なら5GHz対応が便利

集合住宅
集合住宅では部屋ごとに回線を使用するため混線しやすく、スムーズに通信できないことにストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。5GHz帯は、電波干渉に強く、障害物に弱いという特徴があり、集合住宅で使用する際に重宝される周波数帯です。

障害物に弱いため、設置場所には配慮が必要ですが、ワンフロアでレイアウトされている部屋などであれば問題なく使用できるでしょう。

戸建てなら2.4GHzでもつながりやすい

戸建住宅
2階建て以上の一軒家では、5GHz帯を使用すると壁や天井などが障害物となり、通信がうまくいかず、複数の親機が必要になってしまいます。そんなときには、障害物に強い2.4GHz帯の使用すると良いでしょう。

2.4GHz帯は混線している環境では電波干渉を受けやすいというデメリットがありますが、戸建て住宅であれば、近隣住居で使用される回線の影響を受けにくいため、不自由なく使用できます。

通信速度はそれほど気にしなくても大丈夫

通信速度は「11n」で受信可能など速度である600Mbpsでも、インターネットのサイトの閲覧を楽しむだけであれば全く問題はありません。

リアルタイム性が要求されるFPSなどのゲーム、非常に高画質な映像をネット経由で楽しみたいという時は、それ以上の回線速度が必要に感じるかもしれません。その場合には契約している回線とともに、無線LANルーターを見直してみましょう。

親機と子機は同じメーカーにする

親機と子機のメーカーはできるだけ同じものにしましょう。同じメーカーであれば、設定がしやすいだけでなく、ユーザーサポートなどにも相談しやすいというメリットがあります。

また、メーカーが異なる場合、機器同士の相性などが原因で、接続しづらかったり、想定通りの速度が出ないということもあります。特別な理由がなければ、親機と子機は同じメーカーを揃えるようにしましょう。
通信の安定や規格アップには無線LAN子機を!おすすめ4選
通信の安定や規格アップには無線LAN子機を!おすすめ4選>>
無線LANはインターネットの回線を分配する役割を持つ親機と、それを受信する子機に分かれています。子機は親機からの電波を受け取る役割を担っており、子機の受信性能は回線速度に影響します。ここでは、おすすめの無線LAN子機をご紹介します。

11acモデルのおすすめ無線LANルーター

スマホで楽ちん設定!BUFFALO WiFi 無線LANルーター WHR-1166DHP4

ビームフォーミング機能を搭載し、スマホにも的確に電波が届けられる無線LANルーターです。専用アプリを使えばスマホからもラクラク設定が可能。11 ac/n/a/g/bに対応しており、最大伝送速度は5GHz帯で866 Mbps、2.4GHz帯で300Mbpsと高速!自動アップデート機能搭載で更新の手間もかかりません。2階建ての家、3LDKまでのマンションなどにおすすめです。
出典:Amazon
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866+300Mbps 3LDK 2階建向け
4,727円(税込)
2018年3月8日 16:52時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

つながりやすさ抜群!BUFFALO 無線LAN親機 WXR-1750DHP

大型の可動式アンテナを搭載しており、しっかりと電波を届けてくれる無線LANルーターです。電波の混雑状況を見ながら、空いているバンドに誘導してくれる「バンドステアリング機能」を搭載したことで快適な通信環境を実現しました。また、ビームフォーミング機能により、障害物が多い場所でもしっかりと電波を届けることができます。
出典:Amazon
BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps エアステーション ハイパワー Giga WXR-1750DHP
10,399円(税込)
2018年3月8日 16:52時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

安価な「11nモデル」ならこれ!

2本のアンテナで電波を届ける無線LANルーター 300Mbps対応 DN-84478

2本のアンテナを搭載し、電波出力を強化したユニークな外見の無線LANルーターです。規格は11n/g/bに対応。同時使用も可能です。180°可動するアンテナを搭載し、2階建ての住宅などでも隅々まで電波を届けます。低価格な点も魅力であり、最初に買う1台として最適です。
出典:楽天市場
無線LANルーター 300Mbps対応 DN-84478
1,481円(税込)

BUFFALO WiFi 無線LANルーター WSR-300HP/N

サポートの規格は11 n/g/b。最大伝送速度は11nでは300Mbpsを実現。ハイパワー接続が可能です。コンパクトでレイアウトフリーな筐体を採用し、空いている場所にじゃまにならずに設置できるのも嬉しいところ。AOSSも搭載し、セッティングと接続が初心者でもかんたんに行なえます。
出典:Amazon
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-300HP/N 11n 300Mbps 1ルーム向け
3,256円(税込)
2018年3月8日 16:52時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

高速通信を求めるゲーマーへ送るASRock G10

ゲーマーにとっては高速通信可能な無線LANルーターはゲームを快適に行うために必須のアイテムです。このASRock G10 は世界最速クラスの4T4R802.11acを搭載した、ゲーマーのためのゲーミングルーターです。アンテナ数はなんと8本。最高速度は5GHzでは1733Mbps、 2.4GHzでは800Mbpsを実現可能なハイスペック。ビームフォーミング技術搭載で障害物も苦になりません。サポート規格は11 a/b/g/n/acです。
1番人気
出典:Amazon
ASRock G10 Gaming router 多機能ゲーミングルーター NT813 G10
26,843円(税込)
2018年3月8日 17:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
無線LANルーターを選ぶポイントしては、規格、親機と子機のメーカーを合わせる、住宅の形態や場所によって最適なものを選ぶ、といった点が挙げられるでしょう。それほど大きな性能の差はないので、デザインで選んでも良いでしょうし、置きやすさで選ぶという考え方もあります。

快適なネット環境を家庭内で実現するためには無線LANが必須ですから、設定のわかりやすさなども確認しつつ購入してくださいね。

無線LANの人気ランキングもチェック!

Amazonの売れ筋ランキング>>
楽天の売れ筋ランキング>>
この記事の
商品一覧
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866+300Mbps 3LDK 2階建向け
4,727円(税込)
BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps エアステーション ハイパワー Giga WXR-1750DHP
10,399円(税込)
無線LANルーター 300Mbps対応 DN-84478
1,481円(税込)
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-300HP/N 11n 300Mbps 1ルーム向け
3,256円(税込)
ASRock G10 Gaming router 多機能ゲーミングルーター NT813 G10
26,843円(税込)