プロっぽく見えるアルミフライパン!おすすめメーカーと使い方

取材協力
インテリア&フードスタイリスト 江口恵子さん All Aboutガイドプロフィール
インテリア&フードスタイリストとして、雑誌、広告、Web等でインテリアから料理まで、暮らしまわりのスタイリングと提案を行う。カフェオーナーや料理講師としての顔も持ち、ケータリング、予約制カフェ・レストラン、料理教室を柱とした“ナチュラルフードクッキング”を主宰。「All About」では家事ガイド、食器・カトラリーガイドも努めている。

イタリアンレストランなどでパスタをふる際に必ずと言っていいほど登場するアルミフライパン。熱伝導性がよく、軽くて扱いやすいのがおすすめのポイントです。食材がくっつきやすいとも言われますが、焦げつかせないようにする対策、お手入れ方法、おすすめのアルミフライパンをご紹介していきます。

目次
アルミフライパンは軽くて火の通りもいい!
焦げつかせないように油ならしは必須!
重曹は使用不可!アルミフライパンのお手入れ方法
IHには使えない!? アルミフライパンの選び方
プロも愛用するおすすめのアルミフライパン

アルミフライパンは軽くて火の通りもいい!

よくイタリアンレストランでパスタをソースと絡める際に使われている銀色のアルミフライパン。なんといっても軽いので、力がない女性や年配の方でもあおりやすいのがメリット。軽いので、キッチンの壁にぶら下げておくこともできます。おしゃれな見せる収納ができるので、シンク下に収納スペースがない場合にもおすすめです。
アルミフライパンをぶら下げて収納
アルミのフライパンのもうひとつの特徴が、熱伝導性がいいこと。食材にすぐ熱が入るので、調理時間を短縮できます。軽くて熱伝導性がいいことが、レストランの厨房でも使われている理由です。

ただし、アルミは高熱には弱いので、長時間火にかけて焼いたり、炒めたりする料理には向きません。パスタをソースと絡める場合や、1人分の炒め物をさくっと炒めるといった場合には、火の通りも速いので適しています。

基本的に木やプラスチックの取っ手がついたアルミのフライパンはありません。取っ手まで熱くなるので、調理する際は、ふきんなどを巻いて使ってください。
レストランの厨房

焦げつかせないように油ならしは必須!

よくアルミのフライパンは食材がくっつくという声を耳にしますが、それは温めが足りないから。食材を入れる前にしっかり温めて、油も入れて調理してください。

使う前に、「油ならし」をするのも有効です。油ならしとは、フライパン全体に油の膜を作る作業で、これをしておくと、くっつきにくくなり、焦げやサビもできにくくなります。

油ならしのやり方は、まずフライパンを火にかけ熱します。温まったら、油を多めに入れて、フライパン全体になじませます。煙が出てきたら、調理に必要な油だけを残し、余計な油はオイルポットに戻していつもどおり調理するだけです。

油ならし
出典:Amazon

重曹は使用不可!アルミフライパンのお手入れ方法

調理が終わったら、フライパンが熱いうちにお湯で洗います。アルミのフライパンは洗剤の使用も問題ありません。(鉄のフライパンなどは洗剤の使用はNGです。)

よく、焦げを落とすのに重曹を使う方法が知られていますが、アルミには重曹は使わないでください。変色や変質の原因になります。焦げができてしまったら、落とし方は下記を参考にしてください。

焦げの落とし方

まず、アルミのフライパンにはアルマイト加工が施されたものと、加工されていないアルミ生地そのままのものの2種類あります。

アルマイト加工のものは、お湯につけて焦げをふやかし、傷つけないようにやわらかいスポンジで焦げをとります。

アルマイト加工されていないものは、クレンザーとたわしなどで落とします。こちらは、加工がはがれる心配がないので、たわしでこすっても問題ありません。

また、使っているうちに、焦げではない黒ずみが出てくるかもしれません。これは、アルミが酸化して起こる現象で、「黒変化現象」と言われるものです。この黒ずみは、米のとぎ汁を入れて、30分ほど火にかけるときれいになります。

IHには使えない!? アルミフライパンの選び方

IHクッキングヒーター
まず、アルミはIH調理器には使えません。ご自宅のコンロがIHの場合は、アルミフライパンは選択肢から外れることになります。

そして、アルミのフライパンは、上でもご紹介しましたが、アルマイト加工されたものとされていないもの、2種類あります。アルマイト加工されたものは、加工を傷つけないように扱わないといけませんが、錆びにくいと言えます。逆に加工されていないものは、ゴシゴシ洗えるほど傷つきにくい分、サビに気をつけなくてはいけません。

プロも愛用するおすすめのアルミフライパン

アカオアルミ DONシリーズ アルミフライパン

1円玉のもとを半世紀以上に渡って作り続けているアルミ総合メーカー・アカオアルミのフライパン。日本製で、業務用としてレストランなどで使われていて、東京・かっぱ橋道具街のお店でも多く取り扱っています。この24cm以外にも18~36cmまで3cm刻みでそろっています。
アカオアルミ DONシリーズ アルミフライパン
出典:Amazon
アカオアルミ DONシリーズ アルミフライパン
2,553円(税込)
2017年7月6日 12:16時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
・サイズ:外寸/482×258×144mm ※底面から取っ手先までの高さ
・本体重量:779g
・素材・材質:硬質アルミ(AS3905材)
・原産国:日本
・板厚:3.0mm
・満水容量:2.2L

中尾アルミ製作所 キング アルミフライパン

中尾アルミのキングフライパンも、日本製で、24cmで720gと軽く、イタリアンやフレンチのシェフたちも愛用しています。こちらも15~36cmまで3cm刻みでそろっています。
中尾アルミ製作所 キング アルミフライパン
出典:Amazon
中尾アルミ製作所 キング アルミフライパン
3,620円(税込)
2017年7月6日 12:16時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
・サイズ:外径φ255x内径φ240x取っ手230mm
・本体重量:720g
・素材・材質:アルミニウム
・原産国:日本
アルミフライパンはプロ仕様のものが多く、一般の家庭向けのものはあまりありません。ここでご紹介したもの以外にも、東京では合羽橋、大阪では千日前道具屋筋など、業務用の調理道具を扱っているお店に行くと、ほかにも種類があります。お店の人に相談してみると、おすすめ商品から使い方まで教えてくれるので、行ってみるのも楽しいですよ!
商品一覧
アカオアルミ DONシリーズ アルミフライパン
サイトをみる
中尾アルミ製作所 キング アルミフライパン
サイトをみる