ミニ三脚おすすめ9選!いつでもどこでも大活躍

取材協力
JOHN CHEESEBURGER

マンフロットやベルボンといった人気三脚メーカーも出しているミニ三脚。いざというときにとても重宝します。ハンドリング抜群のミニ三脚おすすめ9アイテムをご紹介。

目次
ミニ三脚の魅力
ミニ三脚の選び方
ミニ三脚の使い方
おすすめのミニ三脚
ミニ三脚の人気ランキングもチェック!

ミニ三脚の魅力

ミニ三脚
ミニ三脚は小さくてもちゃんと三脚の機能を果たしてくれる強い味方。こんなとき、ありませんか?

  • 山登りなので荷物を極力減らしたい
  • 旅行の荷物を極力コンパクトにしたい
  • 旅先の星空が絶景なので撮りたくなった
  • 旅先で花火大会に出くわして撮りたくなった
  • 目の前の夜景を撮りたくなった
  • 集合写真をセルフタイマーで撮ることになった
  • 気軽に定点カメラで動画を撮りたい
  • 両手フリーでスマホの動画や映画を見たい

1つカバンに入れておけば、このような時にとても重宝するのがミニ三脚です。

ミニ三脚の選び方

ミニ三脚

耐荷重

小さいのでなんでも載せられるというものではありません。モノにもよりますが、最小はGoProやスマホから、最大は軽量レンズを付けた小型ミラーレス一眼程度のものを載せられるものと考えてください。耐荷重を超えるものを載せると大切な機器の破損に繋がりますので絶対にしないでくださいね。

また、耐荷重はあくまで「載せることができる」重さの目安なので、ギリギリ耐荷重の範囲内だからといってちゃんと使えるというわけではありません。通常の三脚や雲台のように、そのミニ三脚がしっかりと三脚として働くには表記耐荷重の半分から2/3程度が妥当な線と踏まえて上に載せるものを考えてください。

雲台

雲台とはカメラを載せる可動式の台座のことを指します。ミニ三脚は脚の質というよりも付属の雲台や、雲台が無いモデルは雲台にあたる接合部の作り具合によって使い勝手が大きく変わってきます。

ミニ三脚のほとんどは一体型の自由雲台(軸がボール)か2way雲台(1つのレバーで制御)のものですが、軸をしっかりと締めて止めることができて、なおかつカメラ接合部のプレートが広めのものを選べば載せたものもグラつかず、安心して使うことができます。

脚の作り

脚の材質もチェックしましょう。ミニ三脚といえど大切な機器を載せる三脚なので、脚がしっかりと固定できるものを選んでください。そもそも脚が小さいのがミニ三脚なので、脚が不安定だと機材ごと転倒する危険があります。

脚が軟体動物のようにぐねぐね動き、木やパイプなどに巻きつけることができるのでとても便利な「フレキシブルアーム」タイプのものもありますが、カメラを付けて設置する時にはしっかりと脚を広げてバランスを取るようにしてください。よく脚を途中で曲げてガニ股で設置しているところを見ますが、それでは転倒の危険があります。

パイプ等に巻きつけて使う際は脚を覆う素材がゴムやシリコン製のものをおすすめします。

ミニ三脚の使い方

使い方は至って簡単。手のひらに乗るくらいのミニ三脚の場合には、普通の三脚を使うのとは順番が反対で、先にカメラを取り付けた後、三脚の脚を広げてお好みの場所に設置するという2アクションのみ。

「ミニ」と謳いながらもそこそこ重いミニ三脚の場合には、三脚を設置してからカメラを取り付けるようにしてください。でないと接合部を破損します。
ミニ三脚
出典:Amazon.co.jp

こんな時に便利

披露宴やパーティー

自分もフレームインしてセルフタイマーで撮影。

夜景撮影

スローシャッターになるので手ブレが起きがちな夜景撮影もミニ三脚を使えばバッチリ!

星空撮影

長時間シャッターを開けて撮る星空撮影に力を発揮。ただし、あまり上にカメラを上に向けすぎると転倒するので注意してください。

打ち上げ花火

動画で打ち上げ花火を定点撮影する時にも便利。ただし、あまり上にカメラを上に向けすぎると転倒するので注意してください。

開花の瞬間をスマホやミラーレスのタイムラプス機能を使い定点撮影する際に便利。

ちょっと高さが欲しいとき

閉じた脚を持って動画撮影すれば人混みの中などちょっと高さが欲しい時などに便利。

サイクリング

小型ミラーレスやスマホ、もしくはGoProを付けたフレキシブルアームミニ三脚を自転車のハンドルに巻きつけてサイクリング。

LIVE

スマホやGoProを付けたフレキシブルアームミニ三脚をギターやベースのヘッドに巻きつけて手元やオーディエンスを動画撮影。またドラムラックなどに巻きつけてプレイ風景を動画撮影。

補助照明

フラッシュやLEDライトを付けたフレキシブルアームミニ三脚を木や道路のガードパイプなどに巻きつけ補助照明として活用。

ただし、公共の場所での使用は関係各所の許可を得るようにしてください。また公園等では樹木を傷付けないようにしてください。
ミニ三脚
出典:Amazon.co.jp

バランスを保つ秘訣

小さいがゆえにカメラの向きによっては非常にバランスを崩しやすいミニ三脚ですが、設置時に以下2つのポイントをおさえれば安定した設置ができ、転倒防止にも繋がります。

  1. カメラを上に向ける時には重心が後ろにくるので、三脚の脚一本を手前にする。(Yの字になるように設置)
  2. 逆にカメラを下方向に向ける時には重心が前に行くので、三脚の脚一本を前にする。(人の字になるように設置)

おすすめのミニ三脚

マンフロット ミニ三脚 PIXI

今や星の数ほどあるミニ三脚ですが、結局行き着くところはコレではないでしょうか。マンフロットのミニ三脚はよくぞこれを作りました!と賛辞を送りたくなるほど、低価格、高性能、高耐久、見栄えの良さと、そのどれをとっても他の追随を許さないのではないでしょうか。模倣品も結構出回っていますがオリジナルに勝るものはありません。

三脚としての機能はもちろん、畳んだ脚を持ってムービーを撮ればムービー用グリップに早変わり。手ブレを抑えたクオリティー高い動画を撮ることができます。また、別売りのアダプターに付け替えればスマホやGoProをつけることもできます。

色はブラック・ホワイト・レッド・ピンクの4色がラインナップ。
1番人気
出典:Amazon
マンフロット ミニ三脚 PIXI ホワイト MTPIXI-WH
2,209円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

スマホ用アダプター

「マンフロット ミニ三脚 PIXI」 にスマホを設置できるホルダーです。もちろんこれにスマホをつければセルフタイマーで集合写真を撮ったり映画観賞したりと楽しむこともできますが、ぜひ脚を畳んでムービーを撮ってみてください。スマホ直持ちとは比べ物にならないくらいスムースな動画が撮れますよ。
出典:Amazon
マンフロット スマートフォン用三脚アダプター MCLAMP
1,109円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Go Pro用アダプター

「マンフロット ミニ三脚 PIXI」にGoProを設置できるアダプターです。三脚にGoProを設置し定点撮影したり、脚を畳んで手持ち撮影すれば手ブレを抑えた質の高いムービーを撮ることができます。
出典:Amazon
マンフロット GoPro カメラ用三脚アダプター EXADPT
782円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

マンフロット ミニ三脚 POCKET L MP3-BK

なんと手のひらに収まるサイズ!しかもカメラに付けっ放しでいられるので忘れることもない、なんとも画期的な「三脚!?」をマンフロットが作りました。ただ単に奇をてらったアイデア商品の類をマンフロットが作るわけはないと思いましたが、予想通り、見事なくらい実用的な三脚です。

「ザマック」という亜鉛合金の一種で作られているため、こんなに小さいのに強度もかなりしっかりしています。個人的にはスマホにダウンロードした映画をカフェで観るのに手放せませんが、カメラを載せるとなると、軽量レンズを付けたミラーレスがMaxといった感じです。

ただ、三脚というより、カメラを地面に直置きしないための「台座」と捉えた方が良いでしょう。
出典:Amazon
マンフロット ミニ三脚 POCKET L MP3-BK
2,972円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

スリック 卓上三脚 レバーロック式 自由雲台付属

とにかくしっかりと作ってありますよ、素材も丈夫で軽量なアルミを使っていますし。小さいのに水準器がついているのでしっかりと水平が取れます。

カタログ表記の耐荷重1kgは半分と見積もっても、小型ミラーレス機+標準レンズで充分に使いこなせます。ただ一眼レフとなると、合わせるレンズによってはカメラがお辞儀してしまいます。

コスパという点ではこんなに優れたミニ三脚はないのではないでしょうか。ミニとはいえ、女性がトートバッグに入れてちょっと持ち出すにはややかさばりますが、リュックなら完璧です!バックパッカー必携なミニ三脚です。
出典:Amazon
スリック 卓上三脚 レバーロック式 自由雲台付属※Amazon.co.jp限定
2,679円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ベルボン 卓上三脚 ULTRA 353 mini 5段 自由雲台付

マクロ撮影に適した接写用三脚とのことですが、マクロ撮りだけで使うにはもったいない作りです。優秀な三脚を数多く作るベルボンらしく、本体のアルミをはじめ、金属パーツをふんだんに使ったとてもしっかりとした作りで、しかも収納時に500mlのペットボトルより小さくなるのには驚嘆です。

自由雲台の精度もこのクラスとしてはかなり良いと思うので、小型のカメラを載せて90°直上に向けた星空撮影を楽しんだり、ハイエンドコンデジで打ち上げ花火の動画を撮ったりと、行楽で大活躍するミニ三脚です。
出典:Amazon
ベルボン 卓上三脚 ULTRA 353 mini 5段 自由雲台付
8,256円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ハクバ ミニ三脚 H-EP3LT-PW

とにかく小さい!安い!スマホの長辺よりちょっと長いくらいで、500円でお釣りが来る(2018年5月現在の実勢価格)のですから、カバンに一つ入れておいても決して損はないです。

使い勝手で言えば、スマホで重宝しますがアダプターは別途必要です。ハイエンドコンデジや小型のミラーレスやトイカメラなどにも使えますが、あくまでも「緊急」で役に立つといったところです。

脚がいまいちバランスを取りにくいので、実用的に長く使えるものではありませんが、この値段を考えるとカバンにいざと言う時の絆創膏を一枚入れておく感覚で常備していると、思わぬところでやくに立ちますよ。
出典:Amazon
ハクバ ミニ三脚 H-EP3LT-PW
436円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Coolway® 12インチ UFO フレキシブルカメラ三脚

脚がフレキシブルアームのミニ三脚はとても多くの種類が出ていますが、色々試した結果ここにたどり着きました。確かに三脚としての役目を果たすものは多々あるのですが、脚をどこかポールなどに巻きつけた際のホールド性能は他社に抜きん出てこちらが優秀でした。

なので、そのような「巻き付け使い」を意図している人にはぜひともおすすめします。もちろんそれだけの使用に限らず、全体的にしっかりと作ってありますので通常のミニ三脚としても活躍しますよ。
出典:Amazon
Coolway® 12インチ UFO フレキシブルカメラ三脚
2,585円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

Fotopro ミニ三脚 SY-310

5枚歯ひげ剃りのアームようなルックスが目を引くこのミニ三脚は、ちょっとしたギミックに魅力を感じます。その一つが雲台トップにつけるストラップ付きのキャップ。

ただそれだけのことなのですが、これがとても便利なのです。三脚をカバンにストラップでつけておいたり、デニムのベルト通しにカナビラフックでつけたり、家のちょっとしたフックにかけておいたりと、保管や携行の際にこのささやかなストラップがいろんなアイデアを膨らませてくれます。

もちろん、ミニ三脚としての機能もミラーレスや小型一眼レフまでならしっかりと載せてくれて、しかも水準器がついているなど、充実装備です。
出典:Amazon
Fotopro ミニ三脚 SY-310
2,002円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ベルボン&コールマン トラベル三脚 CUBE Plus 8段 クリップ雲台付

ミニ三脚にしてはややお高めの価格ですが、アウトドアーブランド「コールマン」と三脚の老舗「ベルボン」とのコラボと聞けば気になる存在です。

折りたたむと平面になる脚は収納時にかさばることはなく、ミニ三脚としての機能も小型ミラーレス程度なら問題なく使えます。脚をフルに伸ばせば90cmを超えるというのも魅力です。そして何よりもカラフルな5色(ブラック・レッド・ゴールド・ピンク・ブルー)展開と雲台に付いたColemanのロゴがとてもおしゃれなアルミ製のミニ三脚です。

スマートフォンホルダーも付属しています。 
出典:Amazon
ベルボン&コールマン トラベル三脚 CUBE Plus 8段 クリップ雲台付
5,645円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

サンワダイレクト カメラ三脚 CX-3000 マルチクランプポッド 200-CAM002

クランプ(締め付け器具)付きの三脚と言うべきか、クランプに雲台が付いたのか、そのどちらとも取れるミニ三脚です。クランプも緩み防止の機構があってしっかりと作られています。

ミニ三脚と言うにはやや大きく感じるかもしれませんが、一眼レフも軽量レンズ程度であれば対応可能なので、このクランプ機能を使っていろんなアイデアを駆使した撮影ができそうです。

もちろん三脚としての機能も優秀で、最低地上高12.5cmを活かした超ローアングル撮影や、このミニ三脚自体を通常の三脚に設置して被写体を真上から俯瞰で抜く撮影にも使えたりと、一つあると重宝しそうなミニ三脚です。
出典:Amazon
サンワダイレクト カメラ三脚 CX-3000 マルチクランプポッド 200-CAM002
4,980円(税込)
2018年5月23日 10:38時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
マンフロットが出すマイクロ三脚とでもいいましょうか、超小型ミニ三脚は衝撃でした。また、人気のフレキシブルアームタイプのものはその多くがすぐ壊れそうで(実際そうでした)、いまいち信用が置けなかったのですが、吟味してみるとプロの使用にも応えてくれるくらいしっかりと作られているものもありました。

価格の幅もさほど広くなく、最安値のものは500円を割ると言うのもミニ三脚の魅力ですね。ちゃんと用途を考え、用途にマッチしたものを選べば、ミニ三脚といえども実際結構長持ちするものも多いですよ。

価格が安いのでいろんな商品を試して使い方に創意工夫を凝らしてみるのも面白いですね。

ミニ三脚の人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 卓上三脚・ミニ三脚 の中で最も人気のある商品です>>
この記事の
商品一覧
マンフロット ミニ三脚 PIXI ホワイト MTPIXI-WH
2,209円(税込)
マンフロット スマートフォン用三脚アダプター MCLAMP
1,109円(税込)
マンフロット GoPro カメラ用三脚アダプター EXADPT
782円(税込)
マンフロット ミニ三脚 POCKET L MP3-BK
2,972円(税込)
スリック 卓上三脚 レバーロック式 自由雲台付属※Amazon.co.jp限定
2,679円(税込)
ベルボン 卓上三脚 ULTRA 353 mini 5段 自由雲台付
8,256円(税込)
Coolway® 12インチ UFO フレキシブルカメラ三脚
2,585円(税込)
ベルボン&コールマン トラベル三脚 CUBE Plus 8段 クリップ雲台付
5,645円(税込)
サンワダイレクト カメラ三脚 CX-3000 マルチクランプポッド 200-CAM002
4,980円(税込)